ADK「住み力(すみりょく)」プロジェクト「全国一斉 住み力調査」を実施 / 自分の住み力が分かる「住み力診断」WEB公開中

11 / 19 . 2012

  株式会社 アサツー ディ・ケイ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:清水與ニ、以下ADK)は、ライフスタイルが多様化する中で生活者が「理想の住まい」をイメージできない点に着目。日本女子大学大学院住居学専攻・篠原聡子研究室と共同で、生活者が自分らしい住まいを選択、維持する力を「住み力(すみりょく)」※と定義し、これを高める活動を行う「住み力」プロジェクトを発足しました。 (※商標登録出願中)

 活動の第1弾として2012年10月に「全国一斉 住み力調査」を実施。その結果から、若者から年配まで幅広い生活者の住まいに対する考え方が明らかになり、従来にない新しい住まい方の兆しが見えてきました。これは保守的に選ばれがちだった「住宅」という商品の変化を示すものと考えられます。
  
 さらに活動の第2弾として、プロジェクトでは理想の住まいを考える契機として、11月18日を「いい家(11・18)の日」と制定し、「住み力」WEBサイト( http://www.sumiryoku.jp/ )をオープンしました。アクセスして45の質問に答えると、「住み力」の高さ(点数)と10タイプある「住み力」タイプのどれにあてはまるかを、自己診断することができます。

 「住み力」プロジェクトでは、住まいを選び維持するためには3つのS 【①Social:住まいを通して、人や街とつながる力 ②Self:自分のこだわりや価値観を住まいに反映させる力 ③Safe:住まいを通して、生活を安全に維持管理する力】が重要であるという視点のもと、生活者の「住み力」を向上させる活動を展開して参ります。

 以下に、調査結果と「住み力」プロジェクト、および「住み力」WEBサイトの概要について、それぞれご紹介いたします。

                                                                  <調査結果トピックス>

① 住まいに『新たな人間関係づくり』を求める若者 VS 『向こう三軒両隣』が大切な中高年
② 若年層は住まいを『プレゼンテーションツール』に VS 熟年層は住まいを『自分の癒しの場』に
③ シニア夫婦の”終の住み処”に大きなズレ 『田舎』に住みたい夫 VS 『都会』に住みたい妻

 

〇調査結果の詳細はコチラ

〇「住み力」プロジェクトについてはコチラ

〇「住み力」WEBサイトについてはコチラ

ADK

ADKの運営する、社会の既成概念をじわじわ融かす新しいメディア