ADKが最適なウェブクリエイティブとABテストを同時に実現するサービス ABsolute one(アブソルートワン)を開始、クリエイターズマッチ社とも連携

7 / 17 . 2015

株式会社アサツー ディ・ケイ(本社:東京都港区、代表取締役社長:植野 伸一、以下「ADK」)は、複数のウェブサイトから最もレスポンスの高いサイトを安価で効率的に導き出すことができるクラウドサービス「ABsolute one(※1)」を、8月より順次開始いたします。

消費者の行動とデジタルが密接に関係している現在、企業にとって、レスポンスの高いクリエイティブのウェブサイトを制作することが非常に重要な課題となっています。しかしながら、テストを繰り返し、最適なクリエイティブを構築するには時間も費用もかかり、運用負荷も大きくなります。広告会社にとっても、限られた予算内でクライアントに最適なソリューションを提供することは、難しい課題でした。

「ABsolute one」は、小規模ながら高いクリエイティブ力・技術力を持つ全国のウェブサイト制作会社を、クラウドの活用によりネットワーク化し、制作発注とABテスト(※2)の一元化を実現しました。これにより、100万円以内という限られた予算からでも、複数のウェブサイトから最もユーザー獲得効率(※3)の良いサイトを導き出し、Webサイトの指標達成や改善が可能となります。8月よりクローズドサービスとして開始し、年内にオープンリリースを予定しています。

このネットワークには、サービス開始より日本全国のおよそ100の制作会社が参加することが決定しております。また、国内外に約200の制作パートナーを有し、月間約1,500~2,000本の広告クリエイティブを手がける、株式会社クリエイターズマッチ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:呉 京樹)のクリエイターネットワークおよび制作支援システム「AdFlow(アドフロー)」を活用し、クライアント及び代理店の導入ニーズに応えてまいります。

 

※1 「ABsolute one」:広告発注者とクリエイターをマッチングさせ、広告コンテンツの発注、制作、納品をワンストップで行うことができるサービス(特許出願中)を提供。 ADKのデジタルビジネス本部グロースハック・プランニング室が開発。ABテスト、最適ソリューション、absolute(絶対的な)をかけあわせてネーミング。

※2 ABテスト:複数のWebページを用意し、ユーザーの反応を比較するテスト。

※3 獲得効率:登録数、申込数、売上などクライアントが広告効果として求める指標。

 

【グロースハック・プランニング室】

WEB上でのクライアントの顧客獲得最大化をメディア・クリエイティブ問わず、ワンストップでソリューション提供することを主眼とし、2014年10月に新設された部署。

室長には、レスポンス改善のコンサルタントとして多数のクライアント実績を持つ本松慎二郎が着任。レスポンス改善をテーマに、ad:techをはじめ多くの登壇経験を持つ。

 

ADK

ADKの運営する、社会の既成概念をじわじわ融かす新しいメディア