アニメ「カッパの飼い方」放映開始

10 / 04 . 2004

アサツー ディ・ケイのアニメ制作プロダクションである日本アドシステムズ(NAS)は

集英社、コナミ、タカラ、スーパービジョンおよびピクチャーマジックから出資をうけ、週刊ヤングジャンプ(集英社刊)に連載中のマンガ「カッパの飼い方」をアニメ化、CS(通信衛星)放送向けアニメ専門チャンネル、アニマックスで10月4日から放映を開始いたします。
 

「カッパの飼い方」は、石川優吾氏原作の人気作品で、ひとり暮らしの主人公「私」(声は、萩原聖人氏)が、ペットとして仔ガッパを飼い「かぁたん」と名付

けてしつけていくというショート・ストーリーで、5分間のアニメとして制作。放映に伴い、コナミでは、プレイステーション2のゲームを発売、タカラでは、

フィギュアやぬいぐるみなどのキャラクターグッズを発売、またスーパービジョンが、DVDを製造、NASがアニメ制作と商品化の窓口を担当するなど多面的

なキャラクタービジネスを展開いたします。

CS放送は、週に複数回、長期間にわたり視聴者へ反復してアプローチすることが可能、CS放送からヒットキャラクターを育てる今回の方法は、新しいコンテ

ンツビジネスのケーススタディになるものと思われます。

ADK

ADKの運営する、社会の既成概念をじわじわ融かす新しいメディア