映画「遊戯王デュエルモンスターズ」今夏、全米で公開

3 / 09 . 2004

このたび株式会社集英社(本社 東京都千代田区)と株式会社テレビ東京(本社 東京都港区)と株式会社アサツー ディ・ケイ(ADK)(本社 東京都中央区)のアニメーション製作関連子会社である株式会社日本アドシステムズとは、共同で人気TVアニメ「遊戯王デュエルモンスターズ」(テレビ東京系にて毎週水曜日18:30より放送中)の劇場用映画を製作、今夏全米での公開を行うことになりましたので、お知らせいたします。監督はTVシリーズ「赤ずきんチャチャ」や劇場映画「るろうに剣心 維新志士への鎮魂歌」の辻 初樹氏、脚本は「遊戯王デュエルモンスターズ」のテレビシリーズも手がけている武上純希氏と彦久保雅博氏が担当し、アニメーション制作は株式会社日本アドシステムズが担当します。

同映画はワーナー・ブラザーズ・ピクチャーズの配給により、2004年8月13日より全米での公開を予定しております。また、アメリカ以外にもヨーロッパ・オセアニア各国での公開も現在検討中です。なお、日本での公開は現時点では未定です。

「遊戯王デュエルモンスターズ」は、株式会社集英社が発行する「週刊少年ジャンプ」で連載されている人気漫画「遊☆戯☆王」(高橋 和希 作)を原作とし、テレビ東京系にて2000年4月よりテレビアニメを放送開始。現在まで高い人気を誇っております。原作漫画のコミックスの累計発行部数は2,700万部(36巻まで)。番組の平均視聴率は7.5%(東京地区、世帯視聴率、2000年4月18日~2004年3月3日までの平均)。

北米では2001年9月にKIDS-WBで「Yu-Gi-Oh!」の番組タイトルで放送を開始。全米の子供番組の視聴率で常にトップ10を維持する人気番組となっています。また2002年12月に創刊された、「SHONEN JUMP」(アメリカ版「少年JUMP」;VIZ.LLC社発行)でも連載を開始し、単行本も4巻まで発売されております。

テレビアニメはイギリス・フランス・ドイツ・韓国など世界の50ヶ国以上で放送されており各国の子供たちの高い人気を得ています。

ADK

ADKの運営する、社会の既成概念をじわじわ融かす新しいメディア