ADK、携帯Javaアプリケーションを採用したモバイルインターネットリサーチシステムMobile KNOTs(モバイルノッツ)を開発。

2 / 18 . 2003

株式会社アサツー ディ・ケイ【ADK】(本社:東京 代表取締役社長:長沼 孝一郎)では、同社が開発し、1997年より運営を行っているインターネットによるリサーチシステム「KNOTs」(ノッツ)のモバイル版を開発。2003年2月より「Mobile

KNOTs」の名称でモバイルインターネットリサーチ事業の展開を開始します。

◆ 継続的な調査の仕組みで初めてJavaアプリケーションを採用

ADKが提供する「Mobile

KNOTs」では、従来の「携帯調査」が抱える数々の課題や問題点を克服し、同時に携帯の持つ可動性・即応性をフルに活用した独自の調査メニューをお客様

に提供することを念頭に開発を進め、その手法としてJavaアプリケーションを採用しました。

この仕組みは、モニターが自分の携帯電話にJavaアプリケーション「リサーチ・アプリ」(特許出願中)を一度ダウンロードすることで、その「リサーチ・

アプリ」が定期的にアンケート依頼の有無を自動チェックします。このため、従来の「携帯調査」のようにメールによる調査依頼が不要となり、メールアドレス

の変更や遅延メール等の影響による調査参加機会の喪失がなく、モニターには調査依頼を確実に伝えることが可能となります。

また、回答中はインターネット接続が不要なため、従来では不可能であった電波の届かない場所での回答も実現しました。この一度ダウンロードした「リサーチ・アプリ」が、「Mobile

KNOTs」モニター向けの調査に繰り返し利用できる仕組みは、Javaアプリケーションを採用した「Mobile KNOTs」により、世界で初めて可能となりました。

この「Mobile

KNOTs」の携帯Java機能を活用した当社独自の「リサーチ・アプリ」により、「常に身につけている」(常時回答者を捕捉可能)、「その場ですぐ

に」(即応性)、「接続状況にとらわれない」(調査タイミングを逃さない)といった、生活者本人からの行動・感情などを、記憶に頼らない新鮮でダイレクト

な情報として、より正確かつ迅速にキャッチ(調査)できる真のモバイル調査の提供が可能となります。

◆ 今後の受注目標

ADKクライアント、及び同じWPPグループである他の調査会社等からの受注を含め、初年度売上8,000万円、次年度1億5,000万円を目標としております。なお、「Mobile

KNOTs」は、ADKがKNOTsの販売に関し既に提携している調査専門会社の株式会社サーベイリサーチセンター、株式会社リサーチ・インターナショナル・ジャパンなどからも販売を予定しております。

 – 参考資料 –
 ・携帯電話の契約数・
事業者 2003年1月末 前年同期 同期比
NTTドコモ 4,303万3,000台 3,989万6,000台 107.9%
au・ツーカー 1,741万1,000台 1,588万1,400台 109.6%
J-フォン 1,345万6,200台 1,175万9,200台 114.4%
合計 7,390万200台 6,753万6,600台 109.4%
  人口比 58.1%    

 ・インターネット接続が可能な携帯電話の契約数・gt;
サービス 2003年1月末 前年同期 同期比
imode 3,656万9,000台 3,075万8,000台 118.9%
EZweb 1,194万7,300台 915万5,400台 130.5%
J-sky 1,154万5,600台 932万2,600台 123.8%
合計 1,171万8,900台 952万4,200台 123.0%
  人口比 46.8%    
注) 電気通信事業者協会調べ
  人口比は平成13年の全人口推計値12,718万人(国立社会保障・人口問題研究所「我が国の将来人口推計(中位推計)」)で除したもの。

 ・Java対応機台数(開始時期)・
NTTドコモ iアプリ対応機 1,600万台(2001年1月)
au ezplus対応機 約400万台(2001年7月)
J-フォン JAVA™ アプリ対応機 約500万台(2001年6月)

 ネット調査市場規模
 2001年度 31億円 ※インターネットリサーチ研究会調べ

ADK

ADKの運営する、社会の既成概念をじわじわ融かす新しいメディア