ADK テレビのソーシャル視聴についての研究プロジェクト報告

1 / 29 . 2014

株式会社アサツー ディ・ケイ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:植野伸一、以下ADK)では、ソーシャルメディアやスマートフォンの普及により一般化しつつある、テレビを見ながらソーシャルメディアを利用する行動、いわゆる「ソーシャル視聴」についての研究プロジェクトを進めてきましたが、このたび、その研究成果をまとめました。

ADKは、ソーシャル視聴をしている生活者の密着取材調査を実施し、その結果を通じて、ソーシャル視聴の醍醐味(目的)が、同じ番組の視聴者どうしで「つながり・一体感」「いっしょに盛り上がる楽しさ」を感じられることにあるということが明らかになりました。

また、ソーシャル視聴で盛り上がるための方法として、次の7つがあることがわかりました。

1. 実況型:番組の流れや、その時起こったハプニングなどをリアルタイムに投稿

2. 感想型:番組の流れ、ハプニングなどに呼応して、自分の感想や思いを投稿

3. 感情型:その瞬間に感じた感情・印象を簡潔に投稿

4. ツッコミ型:番組内の発言やハプニングなどに「ツッコミ」を入れる

5. 教えて型:番組でとりあげられたこと(飲食店など)について、詳しい情報をソーシャルメディア上で質問する

6. 番組情報シェア型:番組情報、タレント出演情報などをソーシャルメディア上でサーチし、自分でも投稿(シェア)する

7. 視聴予告型:視聴予定、録画予定の番組の内容や、期待している(楽しみな) ことなどを、放送前に投稿

さらに、「いいね!」、コメント、リツイートなど「ヒトからの報酬」で、「つながり・一体感」を実感していることも明らかになりました。

ADKでは、この研究成果を、テレビとソーシャルメディアを組み合せた企画開発や、ソーシャル視聴の環境において注目を喚起できるテレビCMの企画開発等に活かしていきます。

詳細はコチラをご覧ください。

ADK

ADKの運営する、社会の既成概念をじわじわ融かす新しいメディア