ADK SNSプラットフォーム別利用実態調査

10 / 29 . 2012

株式会社アサツー ディ・ケイ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:清水與ニ、以下ADK)では、このたび、飛躍的にユーザー数を伸ばし、コミュニケーションツールとしての存在感が増している無料通話・無料メールアプリ「LINE」及びその他主要SNSプラットフォームのユーザーの実態調査を実施しました。さらにLINEユーザーに対しては、詳細な利用の実態や意識を聴取いたしました。

調査結果からは、LINE及び主要SNSプラットフォームの最新の利用率(浸透状況)が属性別に把握できます。その結果、高校生・大学生では、LINEが、今や主要なコミュニケーションツールのひとつとなっていることが確認されました。
また、LINEの実際の利用状況の属選別の違いや、 LINEがユーザーにもたらす価値が明らかになってきました。他のSNSプラットフォームと比べ、LINEは「友だちとのコミュニケーション」において、特に価値を認められています。

【調査結果トピックス】

1. 最新のSNS、コミュニケーションアプリ利用率:LINE利用率は高校生、大学生では35% *を超える
  (*サンプル数など詳細は以下の調査概要をご覧ください)

2. LINEユーザーがよく見るテレビ番組はバラエティ、情報番組

3. ユーザーにとってのLINEは、「友だちとのコミュニケーションを深め、活性化し、楽しくしてくれるもの」

4. ふだんLINEでやりとりいている「友だち」の数は平均13人。男性20~34才有職者が21人と最多。
  LINE閲覧頻度が高いのは高校生、大学生で、「1日10回以上」が約30%

5. LINEを使うようになって利用が減ったのは、
   1)ケータイのメール、2)ケータイの通話

6.【LINEあるある】「既読」表示を気にしがち、返信がなくてさみしがりがちな高校生・大学生

7.【SNS四択】「合コンで連絡先を聞く」「恋人との連絡手段」ならLINE、
 「有名人とのツーショット写真を自慢する」 」ならfacebook

8. ユーザーインサイト】「既読」を気にする高校生、大学生のLINE利用行動についての考察

 

調査概要はコチラ 

ADK

ADKの運営する、社会の既成概念をじわじわ融かす新しいメディア