ADK「日本人の平均調査」レポート

11 / 07 . 2011

 株式会社アサツーディ・ケイ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:清水與ニ、以下ADK)では、平均的日本人像の認識のために、全国一万人を対象に「ADK 日本人の平均調査」を実施しました。日本人のライフサイクルやお金、自分・家族の評価、人付き合い、余暇・旅行、カラダなど多くの視点で調査をしております。このたび、調査結果の速報がまとまりましたのでご案内致します。この調査は2006年11月(5年前)にも実施しており、時系列変化が把握可能です。また、リーマンショック、東日本大震災等を経て、5年の間で平均的日本人像がどのように変わったかという視点でみることもできます。
 ADKでは今後もこうした取り組みを通じて、生活者の大きな変化をくみ取り、質の高いコミュニケーションサービスを提供していきたいと考えております。
 以下、調査速報の概要およびデータをご紹介致します。

                        調査結果トピックス


◇ 「人生のピーク」の平均は39歳。5年前(35歳)と比べ4歳上昇 
  ~男性は41歳、女性は37歳。
  ~「オジサン」の定義は39歳。「男の人生のピークはオジサンになってから」。
◇ 今、60代が一番元気。逆に元気がないのは20代
  ~「元気度(自己評価100点満点)」は60代の平均が63点。20代50点、30代53点、
    40代52点、50代56点。60代が最も高く、逆に20代が最も低い。
  ~「チャレンジ精神(自己評価100点満点)」は60代の平均点が64点で最も高い。
◇ 20代若者は近場で回遊。逆に年配層は若者より活動範囲が広い
  ~「日帰りで遊びに行く限界距離」は20代で69km、30代86km、40代85km、50代90km、
    60代91km。
  ~遠出の定義は20代で40km、30代で51km、40代で48km、50代で57km、60代で60km。
◇ 「買い物の失敗で諦められる金額」は8,256円(06年)→4,084円(今回調査) ほぼ半減
◇ 自信を無くしつつある日本人。リーマンショックや東日本大震災などを経て疲弊
  ~「自分自身に値段をつけるとしたら」 1億8千万(06年)→1億2千万(今回)へ およそ2/3に。
  ~「仕事力(自己評価100点満点) 」 66点(06年)→63点(今回)
   「経済力(自己評価100点満点) 」 48点(06年)→45点(今回)
   「自分の性格(自己評価100点満点) 」 59点(06年)→57点(今回)
   「自分のルックス・容姿(自己評価100点満点) 」 52点(06年)→50点(今回)
   「これまでの人生」62点(06年)→60点(今回)
◇ 友達の平均人数は10人(06年)から15人(今回)に増加。内リアルの友人は10人
    ネットのみの友人は4人

 

【詳細はコチラから】

ADK

ADKの運営する、社会の既成概念をじわじわ融かす新しいメディア