スパイクス アジア2015で ADK台湾がBranded content and entertainment部門で グランプリを受賞

9 / 15 . 2015

9月9日から11日、シンガポールで開催された「スパイクス アジア フェスティバル・オブ・クリエイティビティ- 2015」(Spikes Asia Festival of Creativity 2015)におきまして、株式会社アサツー ディ・ケイ(本社:東京都港区 代表取締役社長:植野伸一 以下ADK)の現地法人であるUnited-Asatsu International(以下ADK台湾)が担当しました作品が、Branded content and entertainment部門でグランプリ、及びFilm部門でシルバーを受賞いたしました。

また、ADKと1-10design, Inc.との共同プロジェクトチームNOIMAN(ノイマン)がPR部門でブロンズを受賞しましたので、お知らせ申し上げます。

スパイクスアジアは、アジアで公開されている作品が対象でアジア太平洋地域の広告分野における創造性を讃え、アイデアと人的交流のプラットフォームとなるべく、カンヌライオンズ国際クリエイティビティフェスティバル(Cannes Lions International Festival of Creativity)と、ヘイマーケットメディアグループ(Haymarket Media)の協働で運営されています。

受賞作に関する詳細は下記の通りです。

【ADK台湾】

<グランプリ>

●Branded content and entertainment部門

広告主: Uni-President(統一企業)/Uni-Noodle(統一麺)

タイトル:”House of Little Moments Campaign”(小時光麺館)

<シルバー>

●Film部門

広告主:Uni-President(統一企業)/Uni-Noodle(統一麺)

タイトル:”House of Little Moments Campaign”(小時光麺館)

【NOIMAN(ADK + 1→10)】

<ブロンズ>

●PR部門

広告主:ニュージーランド航空

タイトル:ニュージーランド専用休暇申請書

 

ADK

ADKの運営する、社会の既成概念をじわじわ融かす新しいメディア