就職活動をする学生約1000人がADKを訪問!
社員訪問イベント『スタメン大会議』を開催。
~オリジナル漫画『就活スタメン』雑誌版も配布~

1 / 24 . 2020

2020年1月15日(水)に虎ノ門ヒルズフォーラムにて、就職活動をする学生と、ADKの各現場の第一線で活躍する社員が一堂に会し直接話ができるイべント『スタメン大会議』を開催しました!

ADKは新卒採用にあたり2019年から、人事部署の社員だけではなく、営業や企画立案をする現場の社員が学生と対話し、学生の強みや自己PR方法を一緒に考える新しい採用方式「スタメン採用」を実施しています。

イベント会場は大盛況!

スタメン採用のしくみを体感できる機会となった今回のイベント、『スタメン大会議』の会場では、「ADKの未来に必要な能⼒」としてカテゴライズされた下記の7つのタイプに分かれ、学生5〜10人ごとに担当のADK社員が1人ずつテーブルに付き、学生たちと会話を重ねました。

イベントへの参加申込の際、学生は自分の強みを活かせると思ったタイプに事前エントリー。各タイプごとのテーブルでADK社員が、仕事内容や会社の雰囲気について話したり、学生からの質問に答える姿が多くみられました。

① 強い意志で新時代を切り開く開拓者(ザ・イノベーター)
② 結果や目標にとことんこだわる追求者(サクセスホリック)
③ テクノロジー・データ領域における仕掛け人(テックギーク)
④ 戦略的思考を武器とする参謀官(ロジカルモンスター)
⑤ 人とのつながりからビジネスを生み出すチャンスメーカー(ハートキャッチャー)
⑥ 思考力とマルチな能力でチームを成功へ導く司令塔(ハイブリッドリーダー)
⑦ ビジネスを進化させる超オタク(ハイパーオタク)

イベント開始直後は発言が控えめだった学生たちでしたが、時間が経つにつれ、会場は活気を帯びていきました。今後、学生が選考段階に進むと、1次面接を通過したあとには学生とADK社員がペアになり、以降の面接に臨みます。

■参加した学生の声

「隣の学生がかなりアグレッシブに個性をアピールしていたので、『負けられない』『私もここで爪痕を残すぞ』とたくさん発言しました」(立正大学・21歳・女)

「『面白い会社』とググったら、スタメン採用が出てきて、このイベントに来ました」(産業能率大学・20歳・男)

「自分の強みを磨いてくれる今回のイベントは学生にとってありがたい。楽しかった。企業回りは、多くを当たるというよりやりたいことを見極めたいと思っている。全部で10社〜20社にエントリーするつもり」(明治大学・21歳・男)

「今回のイベントで自分がどういうタイプなのかわかった。業種を絞って10社だけを受ける」(早稲田大学・21歳・男)

「優秀な学生はどんどん内定をゲットしていくので、乗り遅れないようにしたい。売り手市場なので、情報があふれていて就職のチャンスはたくさんある。かつては『就活自殺』という言葉も言われるほど、就活が厳しい時期もあったようだけど、今は違う。周囲は結構のんびりムードです」(学習院大学・21歳・女)

■人事コメント

「7つのタイプを明示することで、従来なら広告会社を視野に入れていなかった学生と出会えるようになった。学生の就活も多様化しているので、理系学生や体育会に所属する学生などにも対応できるよう入り口を多くした。このイベントが、学生が自分を見つめる手助けになったらうれしい」(人事企画部・片野倫子)

「スタメン採用」を漫画化した『就活スタメン』雑誌版を配布!

『就活スタメン』は、「スタメン採用」のコンセプトや実施フローをわかりやすく紹介するために制作したコミックマガジン。7つのタイプごとにキャラクターとストーリーをつくり、就活生に自分の強みが実際の広告の現場でどのように発揮でき、活躍することができるのかを具体的にわかりやすく描いています。
WEB版が「スタメン採用」サイト内にて公開中で、今回のイベントでは、雑誌版を限定配布しました。

「採用施策の漫画化は今年初の試み。『楽しく、とっつき易く、柔らかく』をコンセプトに創刊した。学生はみんなドキドキしながらエントリーシートを書いている。自己分析、志望動機など、就活って何したら良いか分からないなかで、自分を知るきっかけや自己分析に活用してもらえたら嬉しい。」と人事企画部の片野は振り返ります。

 

漫画『就活スタメン』特設ページ:https://recruit.adk.jp/manga/
スタメン採用サイト:https://recruit.adk.jp

ADK

ADKの運営する、社会の既成概念をじわじわ融かす新しいメディア