カスミ、富士通、ADKがデジタルサイネージを活用した新たな店頭コミュニケーションの実証実験を開始

10 / 30 . 2008

株式会社カスミ(本社:茨城県つくば市、代表取締役社長:小浜 裕正以下、カスミ)と富士通株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:野副 州旦 以下、富士通)と 株式会社アサツーディ・ケイ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:長沼 孝一郎以下、ADK)は、デジタルサイネージ(注1)を活用した新たな店頭コミュニケーションの実証実験を、フードスクエアカスミつくばスタイル店(注2)にて、10月31日より実施します。本実験は、スーパーマーケット店舗内に設置した薄型ディスプレイなどを利用し、食品・日用品などの売り場ごとに店舗の販売促進施策に基づいた、より的確な商品情報を伝えることで来店客の満足度向上につなげるための試みです。

近年、スーパーマーケットなどでは、商品棚に小型ディスプレイなどを置き、商品CMなどを繰り返し放映しています。これらは、それぞれの商品納入メーカーが個別に設置しているもので、情報の更新頻度も少なく、店舗販売施策との差が発生するなど統一感がない場合もありました。そこで、来店客が本当に必要としている情報を店舗ごと、売場ごと、季節、時間帯、土地柄、顧客層などの条件に合わせ的確に提供する店頭コミュニケーションの実現が望まれています。

このような中、カスミおよび富士通とADKは、従来から培ってきたそれぞれの流通ビジネス、ICT技術、コミュニケーションのノウハウ(注3)を活かし、来店客の買物を支援するために、デジタルサイネージによる店頭コミュニケーションの実現に向けた実証実験を2008年10月31日より開始します。

今回の実証実験では、デジタルサイネージにより、店舗側が告知したい情報と商品メーカーの販売促進情報を融合し、統一されたメッセージとして伝えることを目指しています。富士通とADKが共同で提供するビジネスプラットフォームを活用することにより、商品メーカーとの連携交渉やデジタルサイネージシステム構築運用が容易となります。

【注釈】

(注1) デジタルサイネージ:店舗などに設置したディスプレイに、映像や広告情報をネット経由で配信するシステム。

(注2) フードスクエアカスミつくばスタイル店:北関東最大級の大型複合商業施設「iias(イーアス)つくば」内1階にオープンする、株式会社カスミの店舗。

(注3) コミュニケーションのノウハウ:ADKが提唱する、生活者インサイトを起点に、生活者に対して影響を与えるメディア(接点)を選択し、最適なコミュニケーションを提供する360°のコミュニケーション。

(注4) 「UBWALL」:富士通と株式会社富士通研究所(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:村野 和雄)が共同で開発し、株式会社富士通ゼネラル(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長: 大石 侊弘)が販売。大画面+タッチパネルを採用し、ネットワークを通じてインタラクティブな情報提供が行なえます。

ADK

ADKの運営する、社会の既成概念をじわじわ融かす新しいメディア