ADK会長、稲垣正夫がフランス芸術文化勲章オフィシエを受章

1 / 23 . 2008

このたび、フランス共和国文化省より、株式会社アサツー ディ・ケイ代表取締役会長 稲垣正夫にフランス芸術文化勲章オフィシエ(Grade d’officier dans l’ordre des Arts et des Letters)が授与されました。

  芸術文化勲章は1957年に創設され、フランス文化の紹介・普及に努めた者、あるいは支援を行った者が叙勲の対象となり、勲章にはコマンドゥール(Commandeur)、オフィシエ(Officier)、シュヴァリエ(Chevalier)の3段階があります。

  今回の受賞は、日本での「ロン・ティボー国際音楽コンクール ガラ・コンサート」に19年に及び関わってきたことが主たる理由となっています。

  1943年にパリで始まったロン・ティボー国際音楽コンクールは、3年を周期に毎年、ピアノ部門、ヴァイオリン部門、過去の優勝・入賞者によるガラ・コンサートの3つに分けて行われるのが特徴です。

  叙勲式は、本日、都内ホテルで行われ、来日したロン・ティボー音楽財団会長ジャン・フィリップ シュバイツアー氏より勲章が手渡されました。

 

ADK

ADKの運営する、社会の既成概念をじわじわ融かす新しいメディア