2016年クリエイター・オブ・ザ・イヤー賞で ADKの女性クリエイター2名がメダリストを受賞

3 / 14 . 2017

株式会社アサツー ディ・ケイ(本社:東京都港区 代表取締役社長:植野伸一 以下ADK)は、この度、2016年「クリエイター・オブ・ザ・イヤー賞」のメダリストに、三井明子と渋谷三紀の2名の女性クリエイターが選ばれましたことをご報告いたします。

一般社団法人 日本広告業協会(JAAA)主催による2016年クリエイター・オブ・ザ・イヤー賞は、同協会会員社の中で2016年に最も優れたクリエイティブワークを行ったクリエイター個人を表彰するものです。

2016年は、会員各社の選考を経てノミネートされた41名(26社)のクリエイターから、クリエイター・オブ・ザ・イヤー1名、メダリスト7名が選ばれました。

今回メダリストとなりました三井明子は、「宝島社」のベッキーを起用した企業広告「あたらしい服を、さがそう。」などの、渋谷三紀は、国内外で多数受賞しました「早稲田アカデミー」のブランドムービー・シリーズなどの制作を手掛けました。

【クリエイター・オブ・ザ・イヤー メダリスト】

三井 明子(みつい あきこ)

クリエイティブ本部 クリエイティブディレクター/コピーライター

渋谷 三紀(しぶや みき)

クリエイティブ本部 クリエイティブディレクター/コピーライター

ADK

ADKの運営する、社会の既成概念をじわじわ融かす新しいメディア