ADK、虎ノ門ヒルズ インタラクティブアート作品(MEDIA AMBITION TOKYO 2016参加作品) 「Shadowing(シャドウイング)」に協賛

2 / 16 . 2016

株式会社アサツー ディ・ケイ(本社:東京都港区、代表取締役社長:植野 伸一、以下「ADK」)は、英国の公的な国際文化交流機関のブリティッシュ・カウンシルが主催する、英国のアーティストによるインタラクティブアート作品「Shadowing(シャドウイング)」が虎ノ門ヒルズで展開されるにあたり、本作品に協賛することをお知らせいたします。

ADKは、2014年6月に本社オフィスを虎ノ門ヒルズに移転し、虎ノ門の街と歩み始めました。今後も、2020年に向けて変化していく虎ノ門の未来を創造する一翼を担うことを願い、このたび協賛の運びとなりました。

「Shadowing(シャドウイング)」は、テクノロジーを駆使し、街を行き交う人々の実際の影を記憶し、暗くなった後に照明の下に再び映し出すインタラクティブな作品。 英国ブリストルを拠点にするメディアセンター、ウォーターシェッドによるPlayable City Awardの2014年度において最優秀賞に選ばれた作品です。 アーティストは、英国を拠点に活動するデザインデュオ、チョムコ&ロジア。

日本では、今年で4回目を迎える最先端のテクノロジーアートを実験的なアプローチで都市へ実装する祭典“MEDIA AMBITION TOKYO2016”の参加作品として、虎ノ門ヒルズにて実施されます。

主催     ブリティッシュ・カウンシル

特別協力  ライゾマティクス/ウォーターシェッド/虎ノ門ヒルズ

協賛     株式会社アサツーディ・ケイ

期間     2016年2月26日(金)~3月21日(月・祝) 25日間

会場     虎ノ門ヒルズ外構部

 

ADK

ADKの運営する、社会の既成概念をじわじわ融かす新しいメディア