クラウド型広告効果測定データ管理ツール「AD-traK 360」を開発

11 / 05 . 2010

 株式会社アサツー ディ・ケイ(本社:東京 社長:清水與ニ 資本金:375億円 以下:ADK)は、このほど、TVCMや新聞広告など広告の出稿に関するデータと、それらの広告を通じての購入や資料請求などのレスポンスに関するデータを一元的に管理・集計するオリジナルツールを開発し、2010年11月からサービス提供を開始しました。
 利用料金は、月額10万円からの設定です。

 名称は「AD-traK 360(アドトラック サンロクマル)」で、従来のインターネット広告効果測定ツール「AD-traK」※で分析できる範囲を、インターネット以外のTVCM、新聞広告などのマス広告まで広げたほか、通販系広告主で使用されることの多い、新聞折込なども対象とし、生活者を全方位(360度)で取り囲むあらゆる情報接点の効果を分析することが可能になりました。
 直接的な広告効果を求められる通販広告のほか、最近注目されているTVCMからサイトへの誘導率などを手軽に測定したいという広告主のニーズに応える内容になっています。 
 
※「AD-traK」   ADKが2007年より提供しているインターネット広告の効果測定
                     およびアクセス解析ツール。

【「AD-traK 360」の特徴】

1. 標準で搭載されているグラフ作成機能により、日別推移や媒体比較などを行えます。
2. TVCMやインターネット広告などのデータを同一画面上に表示できるため、クロスメディア効果なども容易に分析することができます。
3. クラウド型サービスのため、広告主は膨大なデータを低価格かつ効率的に処理・分析することができます。
4. ID・パスワードの共有により、複数の担当者間でのデータ共有が容易になります。

【ウェブサイト】
http://360.ad-trak.jp/

ADK

ADKの運営する、社会の既成概念をじわじわ融かす新しいメディア