ADKがセカンドライフ内に11月より「ADKアニメワールド」を開設

9 / 19 . 2007

株式会社アサツー

ディ・ケイ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:長沼孝一郎、以下ADK)は、2007年11月1日0時より、3Dバーチャル・コミュニティー「セカン

ドライフ」内に「ADKアニメワールド」を開設し、セカンドライフで初の本格的なコンテンツビジネスを展開します。

 

ADKは、「ADKアニメワールド」開設に先立ち、セカンドライフ専用の「デジタル証紙」を独自に開発。同証紙をベースに、これまでTV、映画を始め各種

媒体で培ってきたコンテンツビジネスのスキル・ノウハウを組み合わせ、デジタル・ライセンス許諾・管理システム「DLMS」を新たに構築しました。

「デジタル証紙」は、ICタグと同様の機能を持ち、ライセンス製品に埋め込むことで不法な複製や転売を防ぐと共に、販売された日時、品目、価格、買い手情

報など、全ての販売データを「DLMS」内サーバーに集積し、一元管理することで、ライセンスホルダー、ライセンシー双方で確実、且つ信頼性の高い数量管

理を実現します。これにより、ADKは日本国内のアニメコンテンツホルダーのセカンドライフ内における、ライセンス許諾業務の受注も行います。

ADKは、「ADKアニメワールド」内の「ビジネスセンター」で「DLMS」を稼動させ、「妖怪人間ベム」を皮切りに、当社およびコンテンツ関連関係会社(通称「ADKアニメグループ」)のオリジナルキャラクターのライセンス使用許諾を行います。

「ADKアニメワールド」は、事業の中核となる「ビジネスセンター」を中心に、セカンドライフを訪れる一般の方々に楽しんでいただける、「妖怪人間ベムの館」、各種催事を行う「イベントスクエア」の3つのゾーンで構成されています。

大型ビジョンを備える「イベントスクエア」では、セカンドライフ内でのコンテンツビジネスの普及・活性化を目的に、「ADKアニメ&キャラクター・フェスタ(仮称)」を開催する予定です。

同フェスタでは個人の方々にも門戸を開き、新たなキャラクターの発掘、育成も併せて行うことを計画しています。

また、「妖怪人間ベムの館」は、「ベム資料館」と「ホラーハウス」で構成され、ベム達との記念撮影やオリジナルアイテムのプレゼントなどを実施します。

「ADKアニメワールド」は、1 島(SIM)でスタートしますが、その後も事業展開に伴い順次、拡大する予定です。

ADKでは、セカンドライフに進出する企業・団体のビジネスサポートやコンサルティング業務も実施し、2008年内に約20件の案件を扱う見込みです。

注:SIMはセカンドワールド独自の面積表示で1SIMは256×256メートル、16エーカー

ADK Anime World:

デジタル証紙:

DLMS:(デジタル・ライセンシング・マネージメント・システム)

以上はそれぞれ商標登録申請中です。

  

「ADKアニメワールド」イメージ図
「ADKアニメワールド」イメージ図

ADK

ADKの運営する、社会の既成概念をじわじわ融かす新しいメディア