ADKクリエイティブ・ワンが携わった株式会社オリィ研究所 の「分身ロボットカフェ DAWN」が、D&AD Awards 2020にてウッドペンシルを受賞

6 / 23 . 2020

2020年6月23日
株式会社ADKクリエイティブ・ワン
株式会社オリィ研究所

株式会社ADKクリエイティブ・ワン(本社:東京都港区、代表取締役社長:森永賢治)が社会実装をサポートしている、株式会社オリィ研究所(本社:東京都港区、代表取締役CEO:吉藤健太朗、以下「オリィ研究所」)主催の「分身ロボットカフェ(Avatar Robot Cafe) DAWN」が、オンライン審査で開催されたD&AD Awards 2020*におきまして、デザイン・トランスフォーメーション部門でウッドペンシル*を受賞いたしましたので、下記の通りお知らせいたします。

D&AD Awards 2020受賞報告:
<ウッドペンシル>デザイン・トランスフォーメーション部門(デジタル・トランスフォーメーション)
広告主: オリィ研究所
タイトル: 分身ロボットカフェ(Avatar Robot Cafe)
エージェンシー: ADKクリエイティブ・ワン(SCHEMA/addict)/ADKマーケティング・ソリューションズ
クレジット: D&AD Award 2020公式サイトをご覧ください。
https://www.dandad.org/awards/professional/2020/231786/avatar-robot-cafe/

<D&AD Awardsとは>
1962年にイギリスで創設された「British Design & Art Direction」を前身とする非営利団体「D&AD」が主催する、デザインと広告のための国際賞で、審査の厳しさにも定評がある権威のある広告賞です。今年の作品審査は世界中から集まった約250名の審査員によってオンラインディスカッションにて行なわれました。

<ウッドペンシルとは>
ブロンズに相当する賞で、D&AD年鑑の掲載にふさわしい、今年最高の広告およびデザイン作品に授与されます。受賞作に関する詳細は下記の通りです。

<分身ロボットカフェ DAWNとは>
オリィ研究所が主宰・運営する、ALSなどの難病や重度障害で外出困難な人々が、自身の生活する場所からスマートフォンやタブレットを通じて分身ロボット「OriHime-D」を遠隔操作することで、サービススタッフとして働くことのできるカフェ。このカフェは東京で3週間オープンし、「動けないが働きたい」という意欲ある外出困難者たちに雇用を生み出すと同時に、人々の社会参加を妨げている課題をテクノロジーによって克服しました。この分身ロボットカフェの取組みは、2018年に初開催されて以降アップデートを重ねながら定期的に開催されており、さらなる社会実装に向けて今後も開催される予定です。

<ご参考:分身ロボットカフェ開催概要>
「分身ロボットカフェ(Avatar Robot Cafe)DAWN」
開催日時:2019年10月 7日(月)~2019年10月23日(水)
場所:大手門タワー・JXビル1階 「3×3 Lab Future」
主催:オリィ 研究所

本件に関するお問い合わせは下記までお願いします。
株式会社ADKホールディングス 社長室広報グループ 平尾/丸山
e-mail:adkpr@adk.jp

ADK

ADKの運営する、社会の既成概念をじわじわ融かす新しいメディア