環境

       

ADKは、従業者一人ひとりがコミュニケーション事業の環境に与える影響の重要性を認識し、当社事業活動における社会への貢献・環境保全への取り組みを推進します。また、広告主への提言、メディア、協力会社との連携強化により、効果的な環境コミュニケーションの実現に努め、持続可能な社会の構築に貢献します。

環境関連の実績データ資料を作成。状況を把握し、エネルギー・資源の消費を抑制しています。

  • ノー残業デーを設けるなど「働き方改革」の推進と同時に、時間外空調の抑制など電力使用量の削減に努めています。
  • 一斉消灯を行い、電力使用量の抑制に努めています。
  • 夏季はクールビズを実施しています。
  • コピー用紙の利用枚数を測定し、抑制に努めています。各会議室に設置されたモニターや会議用タブレットを活用し、ペーパーレスを目指しています。
  • 文具はエコ商品購入率を高めるグリーン購入を推進すると同時に、使用済み文具もリサイクルして活用するよう努めています。
  • 本社オフィスでは、廃棄物は産業廃棄物・一般廃棄物ともに継続的に測量を行い、抑制に努めています。
  • 不要になった参考図書などの書籍を集めて寄付・リサイクルを行っています。

法令対応用データを集計し、関係省庁へ届出ています。

  • 省エネ法に基づき、エネルギー使用量を経済産業省へ届け出ています。
  • 本社オフィスにおきましては、「特定テナント等地球温暖化対策計画書提出書」を虎ノ門ヒルズ(森ビル)経由で関東経済産業局長宛てに提出しております。
  • 廃棄物処理法に基づき、マニュフェストの保管、産業廃棄物管理交付等状況報告書の提出を行っております。

温室効果ガス排出量削減のためにあらゆる「賢い選択」を促す国民運動である「COOL CHOICE」に、ADKも賛同しています。

ADK

ADKの運営する、社会の既成概念をじわじわ融かす新しいメディア