ADKのあゆみ

       

ADKの前身である旭通信社は、1956年に社員わずか4人でスタートしました。半世紀あまりを経て、現在では広告業界国内3位のポジションにあります。成長の原動力は、既成概念にとらわれないチャレンジ精神と“全員経営”の理念でした。“全員経営”とは、個々の社員が経営者的視点に立ち、自ら考え、行動し、新しい価値を創造していくこと。この理念は、今も私たちの中に生き続けています。

株式会社旭通信社(1956年 - 1998年)

1956年 3月

創業者稲垣正夫が中心となり、東京都豊島区目白を本店として会社設立。東京都中央区茅場町にて、雑誌広告取扱い中心の広告会社として営業開始。

1967年 5月

本社を東京都港区新橋に移転。

1984年 1月

米国 BBDO INTERNATIONAL INC(現BBDO WORLDWIDE INC)と業務・資本提携。

1987年 10月

東京証券取引所市場第二部へ広告会社として初めて株式を上場。

1990年 6月

東京証券取引所市場第一部銘柄へ指定。

1991年 5月

中国の新華通信社と業務提携。

1994年 2月

中国の人民日報社傘下の事業会社との共同出資による合弁会社を北京に設立。

1995年 7月

本社を東京都中央区銀座に移転。

1998年 8月

世界3大広告会社グループ、WPPグループと業務・資本提携。

第一企画株式会社(1951年 - 1998年)

1951年 12月

故・境直哉と故・堀田三郎が中心となり、東京都中央区銀座七丁目に第一企画宣伝株式会社を設立。主にラジオを中心に取扱う広告会社として営業開始。

1958年 1月

業務拡大により東京都中央区銀座 八丁目に本社を移転。

1961年 9月

東京都中央区銀座七丁目に本社を移転し、商号を第一企画 株式会社に変更。

1962年 9月

双葉企業株式会社および株式会社啓新社と合併。

1974年 6月

地域広告会社と業務・資本提携し、DIKネットワークパートナーズを構築。

1976年 6月

米国の広告会社Doyle Dane Bernbach Inc(現DDB Needham Worldwide Inc)と業務提携。

1981年 11月

東京都中央区銀座七丁目に本店を移転するとともに、本社事務所を東京都千代田区内幸町に移転。

1988年 10月

第一アドボード株式会社と合併。

1996年 9月

日本証券業協会に株式を店頭登録。

株式会社アサツー ディ・ケイ(1999年 - 現在)

1999年 1月

株式会社旭通信社、第一企画株式会社合併。株式会社アサツー ディ・ケイとして発足。

2000年 11月

ベトナムに現地法人「ASATSU-DK VIETNAM INC.」設立。

2001年 9月

長沼孝一郎が代表取締役社長に就任。

2002年 4月

上海に上海一百集団との共同出資による合弁会社「上海広告装溝有限公司」設立。

     7月

アニメ制作プロダクション、「株式会社エイケン」へ出資。

     11月

本社を中央区築地「ADK松竹スクエア」に移転。

2003年 4月

子会社5社を合併し、株式会社ADKアーツを設立。

2004年 11月

電通と「株式会社ドリル」を設立。

2005年 8月

「東京大学 アサツー ディ・ケイ 中国育英基金」創設。

2006年 3月

創立50周年。

     5月

「株式会社ボーイズ」設立。

     8月

電通、デジタルガレージ等と「株式会社CGMマーケティング」設立。

     9月

セプテーニと「株式会社エイエスピー」設立。

2008年 1月

子会社2社を統合し、株式会社ADKダイアログを設立。

     1月

インドに合弁会社「ADK-FORTUNE PVT. LTD.」設立。

     1月

上海に「旭通(上海)展覧広告有限公司」を設立。

     7月

モスクワに駐在員事務所を設立。

2010年 3月

清水與ニが代表取締役社長に就任。

2011年 8月

「株式会社ADKデジタル・コミュニケーションズ」設立。

2013年 3月

植野伸一が代表取締役社長に就任。

2014年 6月

本社を港区虎ノ門「虎ノ門ヒルズ」に移転

2017年 12月

ベインキャピタルによる公開買付けが成立

     12月

WPPグループとの業務・資本提携を解消

2018年 3月

東証一部上場廃止

ADK

ADKの運営する、社会の既成概念をじわじわ融かす新しいメディア