ADK アラ☆ダン研究所® シニアレポート 第3号

6 / 02 . 2014

株式会社アサツー ディ・ケイ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:植野伸一、以下ADK)では、社内に「アラ☆ダン研究所®」を設置し、60代を中心にシニア層を対象としたマーケティングサポートを行なっています。(「アラ☆ダン」=アラウンド団塊世代の略)

2013年5~6月に実施した「ADK生活者総合調査2013」をもとに、60代シニア層の生活意識や行動に関する分析結果をまとめた「アラ☆ダン研究所® シニアレポート第3号」をご案内いたします。 (調査概要は末尾に掲載)

今回のレポートでは、日常生活における生活者の”幸せ度合”に着目。

分析結果から、全年代の中で最も幸せを感じる意識が高いのは60代であることがわかりました。また同じ60代でも、特に女性において、はっきりとした幸せを実感していることが明らかになりました。加えて、幸せを感じる度合によって、日常での活動やよりどころに差異があることも浮き彫りになりました。

ADK アラ☆ダン研究所®では、今後もこうした取り組みを通じ、生活者、特にシニア層のライフスタイルにおける意識や行動を的確に捉え、トレンドも交えてレポートをして参ります。

<調査結果トピックス>

① どの年代よりも”幸せ”を実感する60代シニア

② 男女間ですれ違う幸せの源泉

③ 幸せを実現する60代女性の貪欲な行動力と向上心

【詳細はコチラ

ADK

ADKの運営する、社会の既成概念をじわじわ融かす新しいメディア