取締役報酬の減額改定に関するお知らせ

5 / 25 . 2009

   当社は平成21年5月25日開催の取締役会において、下記の通り取締役報酬の減額について決議いたしましたのでお知らせいたします。

   当社では経営責任を明らかにし業績回復に向け全力を尽くすために、平成20年11月および平成21年4月から段階的に取締役報酬を減額しておりますが、景気後退が当社関連市場に大きな影響を与えている状況を勘案し、減額幅の拡大を決定したものであります。

   取締役報酬の減額幅は平成20年の基本報酬額を基準としています。

1. 基本報酬額に対する減額幅

  代表取締役会長 25%減額
  代表取締役社長 25%減額
  取締役常務執行役員 20%減額
  取締役執行役員 15%減額

2. 減額して支給する期間

  平成21年6月支給の報酬から当分のあいだとする。

   なお、執行役員の給与については平成21年4月から同年の基準額に対し7%減額してまいりましたが、取締役と同様に減額幅拡大を行います。

   また、監査役報酬についても本年4月よりその一部を各監査役が自主返上しておりますが、本日、当社監査役会より自主返上幅を拡大する旨の申し入れがありましたので、併せてお知らせいたします


ADK

ADKの運営する、社会の既成概念をじわじわ融かす新しいメディア