3月17日 ADKアニメグループ「東京国際アニメフェア2008」出展について

3 / 17 . 2008

株式会社アサツーディ・ケイ(本社:東京都中央区 取締役社長:長沼 孝一郎、以下「ADK」)はアニメコンテンツ系子会社3社と合同で、「東京国際アニ

メフェア2008」(会期:平成20年3月27日~30日、場所:東京ビッグサイト、以下「TAF」)に出展いたします。 

共同出展するのは、ADKのコンテンツ系子会社であり多数のTV作品や劇場作品を手がけ、商品化窓口業務、海外番販にも取り組んでいる株式会社日本アドシ

ムテムズ(以下NAS)、株式会社エイケン、株式会社スーパー・ビジョンです。

 

ADKアニメグループではTAFがスタートした2004年から出展を続けており、昨年からは、来場される方々のニーズに充分に応えられるように展示の大型化、展示内容の拡充を図っています。

 

今年は、昨年の約1.5倍となる216㎡の展示スペース注を、ステージと126インチの大画面モニターを組み合わせたライブ・イベント型の構成とし、

ADKアニメグループが著作権管理を行っているアニメコンテンツの紹介をはじめ、話題の新シリーズ「遊戯王5D’s」、「ヴァンパイア騎士」ほかNAS制

作の2008年新作アニメーションを積極的に訴求していきます。

 

多くのアニメファンやお子さま達が集まるパブリックデー(3月29日(土)、30日(日))には、新作品に出演される声優を招いてのイベントや、人気アニメ作品の着ぐるみショーも併せて実施いたします。

 

※ 注:2007年展示スペース=162㎡

 

また、ADKが長年にわたり、関わってきたエバーグリーン・キャラクターである「ドラえもん」「クレヨンしんちゃん」の新作映画の紹介も行います。

 

「東京国際アニメフェア」は、アニメ産業の国際的振興を図るために開催される世界最大級のアニメ見本市です。日本国内外からのコンテンツビジネス関係者はもとより、アニメファン、ファミリー層などが来場し、昨年の来場者総数は10万人を超えています。

 

春休みの開催となる今回は更に多くの来場が期待されています。

【「ADKアニメグループ」ブースの主な出展作品(予定)】

  • 4月放送開始 TVアニメーション番組「遊戯王5D’s」
  • 4月放送開始 TVアニメーション番組「ヴァンパイア騎士」
  • 4月放送開始 TV特撮番組「ケータイ捜査官7」
  • 「テニスの王子様」OVAシリーズ「全国大会編Final」
  • 映画「ドラえもん のび太と緑の巨人伝」
  • 映画「クレヨンしんちゃん ちょ~嵐を呼ぶ 金矛の勇者」


ADK

ADKの運営する、社会の既成概念をじわじわ融かす新しいメディア