ドバイ駐在員事務所設立について

3 / 10 . 2008

株式会社 アサツー ディ・ケイ(本社:東京、取締役社長 長沼 孝一郎、以下「ADK」)は、2008年2月25日、アラブ首長国連邦ドバイ首長国ドバイに

「アサツー ディ・ケイ ドバイ駐在員事務所」を開設、日本の広告会社で初めて日本人社員を常駐させます。

  同事務所は、2004年からADKグループと協力関係にあるドバイの広告会社「アラビアン・ガルフ・エージェンシー」(Arabian Gulf Agency、以下「AGA」、詳細は次頁ご参照)内に設け、

駐在員はADK本社から派遣します。

 

これまでは、ADKシンガポールやDIKタイランドなどADKの海外現地法人がAGAと業務提携を結び、日系企業のドバイにおけるマーケティング活動をサポートしてきました。

  今回のドバイ駐在員事務所開設は、年々増加する日系企業のニーズに迅速且つ幅広く応えることが目的で、同事務所を拠点として湾岸協力会議加盟6カ国

(サウジアラビア王国、アラブ首長国連邦、クウェート、カタール、オマーン、バーレーン王国)、北アラブ3カ国(レバノン共和国、シリア・アラブ共和国、ヨルダン・ハシェミット王国)、

さらには北アフリカ(エジプト・アラブ共和国、大リビア・アラブ社会主義人民ジャマーヒリーヤ国、アルジェリア民主人民共和国)まで商圏の拡大を図ります。

 

当社では各種調査を検討・分析し、その結果、同域内のGDPは合計で約50兆円、広告費は約5,000億円の規模で、成長率は年率10%を超えると考えます。

また、同様に、日系企業は外資向け特別非関税地域を中心に約100社が進出しており、同広告費は約200億円と推定しています。

  商圏拡大においては、AGAとの資本提携を含む提携関係強化と共に、従来から良好な関係にあるJWTとの協力体制も継続し、WPPグループのリソースを活用して、業務拡充を進めていきます。

■「アサツー ディ・ケイ ドバイ駐在員事務所」概要

名  称: アサツーディ・ケイドバイ駐在員事務所(Asatsu-DK Dubai Representative Office)
開設年月日: 2008年2月25日
所在地: アラブ首長国連邦ドバイ首長国ドバイ
代表者: 鈴木徹也

■「アラビアン・ガルフ・エージェンシー」概要

1997年設立。従業員数は約150名で、2007年度売上げは約20億円と急成長を続けている。ドバイを中心にアブダビ、アウジアラビア、クウェート、レバノン、ヨルダンに拠点を持つ。


ADK

ADKの運営する、社会の既成概念をじわじわ融かす新しいメディア