アサツー ディ・ケイと電通、次世代型広告のクリエーティブ開発を目的とする合弁会社「株式会社ドリル」を設立

11 / 29 . 2004

株式会社アサツー ディ・ケイ(本社:東京 社長:長沼孝一郎、以下ADK)と株式

会社電通(本社:東京 社長:俣木盾夫、以下

電通)は、次世代型広告のクリエーティブ(広告表現・アイデア)開発を目的とする新会社「株式会社ドリル」を12月1日(水)に設立し、1月5日(水)よ

り営業を開始いたします。

「株式会社ドリル」は、ADK、電通両社の先端的ノウハウと卓越した人材を結集し、”ホリスティック”なアプローチによる新しいコミュニケーション・プランニング・サービスを創造・提供してまいります。

ホリスティックなアプローチとは、従来分業的に行われてきた媒体戦略と表現戦略の企画立案を、同時にかつ包括的に行うという考え方で、近年欧米の広告業界

で注目されています。21世紀型メディア環境に対応した表現企画(クロスメディア・クリエーティブ)や、映画やアニメーション等のコンテンツを活用した表

現企画(コンテンツ・コミュニケーション)、そして、口コミを戦略的に活用する表現企画(バズ)などが、その代表的な手法です。

「株式会社ドリル」では、こうしたプランニングを実現するため、従来の広告企画制作会社とは異なる組織を構築いたします。具体的には、アートディレク

ター、コピーライターといった従来型のクリエーティブ部門出身者だけでなく、メディア・プランニング、SP/戦略PR、インタラクティブなど、多様な先端

部門から専門家を集め、一つのクリエーティブ組織として構成いたします。

また、広告主に対する提案だけに留まらず、メディア企業と協業した”新しいコンテンツ開発”も推進し、新聞・雑誌・ラジオ・テレビ・インターネット・モバイルといった既存メディアへの貢献も目指してまいります。

新会社の概要、設立主要メンバーのプロフィール、両社の概要は下記の通りです。

<新会社の概要>

(1)社名 株式会社ドリル 
(2)資本金 1億円
(3)本社所在地 東京都中央区銀座6-2-1(2005年2月まで)
(4)株主 電通60%・ADK40%
(5)設立日 平成16年12月1日(水)
(6)役員 代表取締役社長(非常勤) 杉山 恒太郎(現電通執行役員)

取締役副社長(非常勤) 出竹 薫(現ADKインタラクティブメディアセンター・プレジデント)

取締役 江成 修(現ADK PR/SPプランナー)

取締役 渡邊 正哲(現電通シニア・プロジェクトマネージャー)

取締役 原野 守弘(現電通シニア・プランナー)

取締役(非常勤)田瀬 彰一(現ADKメディア戦略センター・バイスプレジデント)

取締役(非常勤)八木 登(現電通プロジェクト・マネージャー)

(7)社員構成 ADKからCMプランナー、SPプランナー各1名

電通からコピーライター、アートディレクター、メディアプランナー各1名、

(8)売上目標 5億円(2005年度)等

 

<「ドリル」 社名の由来>

「ドリル(Drill)」は、英語の”突破する”という意味。

“情報洪水”、”懐疑的な消費者”、”成熟市場”といった、21世紀のメディア環境、マーケティング環境における課題に対して、新たな突破口を切り開いていく存在でありたい、という願いがこめられています。

<代表取締役社長 杉山 恒太郎 プロフィール>

昭和23年生まれ。

昭和46年3月 立教大学経済学部卒業。

昭和49年 電通入社。

平成2年 同社クリエーティブディレクター。

平成13年 同社インタラクティブ・コミュニケーション局長。

平成16年 同社執行役員。

(主な受賞歴)

ACC賞、ADC会員最高賞、ニューヨークフェスティバル金賞、ロンドン国際広告賞media advertising awards グランプリ、カンヌ国際広告祭 銀賞、Webサイト INVISION AWARDS グランプリ

他、国内外受賞 多数

<アサツー ディ・ケイ 会社概要>

(1)社名:株式会社アサツー ディ・ケイ

(2)代表者:代表取締役社長 長沼 孝一郎

(3)本社所在地:東京都中央区築地1-13-1

(4)資本金:375億8,136万円

(5)売上高:3,575億97百万円(2003年度実績 単体)

(6)従業員数:1,901名

(7)事業内容:総合広告業

<電通 会社概要>

(1)社名:株式会社電通

(2)代表者:代表取締役社長 俣木 盾夫

(3)本社所在地:東京都港区東新橋1-8-1

(4)資本金:589億6,710万円

(5)売上高:1兆4,025億33百万円(2003年度実績 単体)

(6)従業員数:5,733名

(7)事業内容:総合広告業

ADK

ADKの運営する、社会の既成概念をじわじわ融かす新しいメディア