アサツー ディ・ケイ、マーケティング・コンサルティング領域における新サービス開発に向け、インテージとの業務提携協議を開始

12 / 17 . 2013

株式会社アサツー ディ・ケイ(本社:東京都中央区、社長:植野 伸一、以下、「ADK」)は、マーケティング・コンサルティング領域における新サービスの開発に向けて、株式会社インテージ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:石塚 純晃、以下:インテージ)との間で、業務提携を前提とした協議を開始します。

本サービスは、ADKの持つ大規模な意識・価値観、メディア接触等の生活者調査データ(生活者総合調査*)に、インテージの持つi-SSP(インテージシングルソースパネル:メディア接触データ・購買パネルデータ)を合わせた新たなソリューションとすることを目指します。生活者を生活価値観、メディア接触、購買行動等多面的にとらえることのできるデータベースを活用し、クライアント企業の顧客分析・理解、ブランドマネージメント、効果的なマーケティングコミュニケーションプランの立案等を支援する付加価値の高いサービスを提供していきます。

*生活者総合調査

ADKが2000年から実施している消費者の意識調査。2008年からは、東京都・千葉県・埼玉県・神奈川県在住の中学生から69歳の消費者約1万人を対象に、メディアと接触状況、生活時間、消費や日常生活の意識や価値観について詳細な調査を行っている。

株式会社インテージ 概要

社名:株式会社インテージ (http://www.intage.co.jp/

本社:東京都千代田区

代表者:代表取締役社長 石塚 純晃

従業員数:1,096名 (2013年10月1日現在)

事業内容:インテージグループ各社とともに、リサーチノウハウ、データ解析力、システム化技術と、これらに基づく情報評価力をコア・コンピタンスとして、経営およびマーケティング上の意思決定に役立つ情報(Intelligence)を提供。全国男女5万人の個人消費者パネル調査による購買データを保有。

ADK

ADKの運営する、社会の既成概念をじわじわ融かす新しいメディア