ADKの上海広告装潢有限公司への資本参加について

4 / 11 . 2002

株式会社アサツー ディ・ケイ(略称ADK 本社:東京 社長:長沼孝一郎)は、この度、中国の流通大手、上海一百集団(本社:上海董事長:董紹誠)が全額出資する広告会社、上海広告装潢有限公司の株式50%を取得いたしました。出資額は500万元(一元=約16円)。企業を資産評価した上で市場に売りに出すという国有企業を活性化させるための全く新しい形の合弁方法によるもので、これによりADKは、中国における流通分野に強力な戦略パートナーを得たことになりました。

新会社は社名を「上海広告装潢有限公司」に変更し、董事長(会長)にはADKの長沼孝一郎社長が、総経理(社長)には上海広告装潢有限公司の王建份が、それぞれ就任いたします。従業員は20人でスタート、初年度2000万元の売上を見込んでいます。

同社は元来国有企業であるためリニアモーターカー、浦東国際空港などの得意先を持つなど官公庁に強く、また約8,000平米におよぶ屋外広告の発布権(媒体経営権)など独自の商権を保有しています。

また共同出資先の上海一百集団は、中国最大の売上を誇る上海市第一百貨店やアジア最大の売場面積を持つ上海第一ヤオハン百貨店などの百貨店や大型ショッピングセンターを中国沿岸部で展開しているほか物流、卸売業務を中国全土にわたって手掛けています。新会社では、中国に進出する日本企業に対し、こうした上海一百集団が持つ流通網の活用を含めたメディアプラン、屋外広告、展示会、VI設計、印刷等の総合的なマーケティング・コミュニケーションサービスを提供いたします。

新会社の概要

社名 上海広告装潢有限公司  
住所 上海市巨鹿路417号  
資本金 1000万人民元  
出資比率 上海一百集団有限公司 50%
    株式会社アサツー ディ・ケイ 50%
役員構成 名誉董事長 稲垣 正夫
    董事長 長沼 孝一郎
    総経理 王建份
    副総経理 三上 光彌

ADK

ADKの運営する、社会の既成概念をじわじわ融かす新しいメディア