ADK 環境未来都市・横浜市内にて「エコづかい&クールシェアリング」キャンペーン実施に参加

8 / 26 . 2013

 株式会社 アサツー ディ・ケイ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:植野伸一、以下ADK)は、以下の5社および横浜市立大学と共同で、環境未来都市に選定された横浜市内において、持続可能な社会を目指し、地域活性化サービスによるエネルギー利用効率化モデルを検証する実証実験を、2013年8月26日~30日、9月2日~6日に横浜市金沢区で実施します。

  ・日揮株式会社(本社:神奈川県横浜市、代表取締役会長 竹内敬介、以下日揮)
  ・日揮情報システム株式会社(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長 中島昭能、以下日揮情報システム)
  ・相鉄ホールディングス株式会社(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長 林英一、以下相鉄)
  ・相鉄ローゼン株式会社(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長 伊藤英男、以下相鉄ローゼン)
  ・凸版印刷株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:金子眞吾、以下凸版印刷)   
      ・公立大学法人横浜市立大学(本校:神奈川県横浜市、理事長:田中克子、以下横浜市大)

 本実証実験では、電力供給の逼迫が懸念される中、省エネや節電の促進が求められる一方で、生活者のクオリティ・オブ・ライフの維持向上や、地域経済とコミュニティの活性化の重要性に注目。これらの両立を目指すモデルを構築し、その実現性を検証します。
 具体的には8月26日~30日、9月2日~6日に、横浜市金沢区並木において約100世帯の参加を募って、夏の電力使用がピークを迎える時間帯に、自宅から外出して商業施設やコミュニティスペースを利用するクールシェアリングにより、ピークカットやピークシフト効果による節電を促します。外出のインセンティブとして、同地区のスーパーマーケット「そうてつローゼン並木店」で該当時間帯に利用可能なクーポンを配布するほか、隣接する集会場において地域イベントを実施します。
 実験期間終了後には、各家庭における電力使用量の推定値や施設の電力使用量に基づく「節電効果」、クーポン利用者の来店頻度や購入額に基づく「地域経済効果」、集会場イベント参加者の評価による「地域コミュニティ参加促進効果」を総合的に分析し、モデル実現に向けた課題を抽出します。
 さらに実証結果をもとにモデルを改善したうえで、今後の展開を検討します。
 以下、「エコづかい&クールシェアリング」モデルおよび、参加各社の役割について、それぞれご紹介いたします。

20130826_2.png

ADK

ADKの運営する、社会の既成概念をじわじわ融かす新しいメディア