市のPR用にオリジナルキャラクターの開発をしたい 市のPR用にオリジナルキャラクターの開発をしたい

市のPRをするご当地キャラを作りたいと思っています。自分たちでもアイデアを考えてみてはいるんですが、何を基準に選んでいいのか分かりません。内部では「ご当地キャラはもう古いのでは」という意見もあり、話が前に進まず、、、。
ぜひプロの方々のアイデアとノウハウをお願いします!

A県B市
広報担当

ブレーンの視点

  • キャラクター開発
  • 地域PR

「市の何を、誰にPRするのか?」をしっかり定めれば、キャラクター設定が見えてくるかも。

見た目ももちろんだけど、口コミで拡げていくにはネーミングが重要!

“ご当地キャラ”に固執しすぎず、広く“キャラクター”を捉えてみてはどうですか?

応募例 #02 地域の伝統工芸を若い人にアピールしたい 地域の伝統工芸を若い人にアピールしたい

ADK焼の窯元です。ADK焼は60年の歴史があり、地元の職人たちによってこれまで受け継がれてきました。自分たちではすごくいいものを作っている自負はあるんですが、買って頂けるのは年配の方ばかりで、なかなか新しいお客さんが増えません。ADK焼の未来のためにも、もっと若い世代にアピールしたいです!何からはじめていいのかも分からない状態です。お知恵を貸してください。

ADK焼
二代目窯元

ブレーンの視点

  • 顧客の拡大
  • コミュニケーション戦略

若い世代を、“日本”だけでなく“世界”として考えてみては?

“売り物”も大切だけど、“売り場”は同じくらい重要!

今の若者はユーザーからの推奨を買い物の参考にします。何か「客観的な評価」があると、若者の気持ちも動くかもしれません。

応募例 #03 自分の店が流行らない理由を知りたい 自分の店が流行らない理由を知りたい

半年前にカフェをオープンしたのですが、全然お客さんが入ってくれません。駅に近い立地で、内装なんかも結構こだわっています。豆も海外から直接仕入れていて、味には自信があるんですが。相場と比べて高いわけでもないですし、正直流行らない理由がさっぱり分かりません。一念発起してオープンしたのに、もう心が折れそうです、、、。助けてください!

Café ブレーンタル
オーナー

ブレーンの視点

  • 現状分析
  • 市場調査

立地、内容、味、、、顧客が“今”求めているものが何かを今いちど探ってみては?

今来ているお客さんにアンケート調査を行い、実態を明らかに!

お店の良さが十分に伝わっていないのでは?告知方法を考え直してみるとよいかも。

応募例 #04 人気になる方法を知りたい(芸人です) 人気になる方法を知りたい(芸人です)

結成6年目のお笑い芸人です。芸人と言ってもバイトばかりしてるのが実状ですが、、、。とりあえず、コント、漫才、一発芸など、色々と試してるんですが、いまいちどれもパッとしません。ここはちょっとクリエイティブな方々の奇抜なアイデアでなんとか人気者にしてください!現状から抜け出す方法を伝授してください!

お笑いコンビ
ブレーンタル

ブレーンの視点

  • プロデュース
  • 話題化

コンビ名・名前・衣装・髪型などガラッと印象を変えてみては?

とにかく多くの人にネタをみてもらう機会を設けることが重要!

ネタそのもの以外に、芸人としての“ストーリー”があるとより親近感がわくかも。

応募例 #05 廃材を利用した商品を開発したい 廃材を利用した商品を開発したい

A県で小さな建設会社を営んでいます。何年も前から気になっているのですが、使えなくなった資材が山積みになっています。建築での使い道はないのですが、きっと何かには使える気がしていて、捨てずにとってあります。とはいえ、スペースには限りもあるのでそろそろ何とかしたいです。
この廃材を活用する方法は何かないでしょうか?できれば何か新しい商品を生み出して、自社の売りにしたいです。

プロボノ建設
代表

ブレーンの視点

  • 廃材活用
  • 商品開発

廃材・エコをコンセプトにした木製雑貨などは引きがあるかもしれません。

商品ではなく、廃材を使った物作りの体験できる工房など。

DIYブームなので完成品ではなく、材料自体で売り出してもよいかも?

応募例 #06 地元のクラブチームの広報プランを一緒に考えて欲しい 地元のクラブチームの広報プランを一緒に考えて欲しい

設立4年目のサッカークラブです。元国体選手やユース出身者などがたくさん在籍していて、少しずつJFL入りが見えてきました。みんな本気でプロを目指しています。とはいえ決まった練習場所も資金もありません、、、。なので、まずはより多くの人に知ってもらったり、支援者を集めたいと思っています。どうやってアピールすればいいでしょうか?ついでにロゴも作ってもらえたら嬉しいです!

プロボノFC
キャプテン

ブレーンの視点

  • 広報プラン
  • 資金集め
  • ロゴ開発

ユニフォームやロゴのデザインを変えることで、新たに知るきっかけになるかも。

選手一人ひとりの“個性(プレイスタイルだけでなく人間性も)”がしっかりと伝わることが重要!

サッカー以外の活動を通じて、地域住民と交流する場を作ると何かのきっかけになるかもしれません。

応募例 #07 地域住民を巻き込んで地元の学童保育問題を解決したい 地域住民を巻き込んで地元の学童保育問題を解決したい

先日、学童保育問題について知りました。自分の身近にそんな問題があったと知り、何かしたい気持ちでいっぱいです。周りの友達に話してもみんな同じような気持ちです。ただ、何をどうはじめたらいいのかが分かりません。子供も手を離れ、比較的時間はあるので、ぜひ同じような気持ちの人たちと力を合わせて、地域のサポートをしたいです。

地元 好子

ブレーンの視点

  • 学童問題
  • 地域コミュニティー

すでに他地域で行われている実績から研究してみては?

地域住民に聞き取り調査を行い、問題点を明らかにするところから始めてみてもよいかも。

地元企業に協力を仰ぐことも可能かもしれません。

応募例 #08 銀婚式にサプライズで妻を喜ばせたい 銀婚式にサプライズで妻を喜ばせたい

今年春、下の息子が就職を機に一人暮らしをはじめ、今は妻と二人で暮らしています。子供が家を出て行ったせいか、最近妻が少し寂しそうです。そんな妻との結婚生活も来月で25年目になります。子供たちをここまで立派に育ててくれたのは、紛れもなく妻の力です。感謝の気持ちも込めて、銀婚式にはサプライズで妻を喜ばせたいと思っています。何か記念に残るいい方法はありませんでしょうか?

ブレーン 太郎

ブレーンの視点

  • 銀婚式サプライズ
  • 感謝

これまで、ではなく、2人の“これから”を形にしてあげるととても喜ぶのでは?

家事から解放し、特別な“非日常”な体験をプレゼント!

あなたのその気持ちを、25年ぶり(?)のラブレターで伝えるのがもっともサプライズかもしれません。

広告会社ADKが、
創業60周年の記念事業として、
新しいカタチのCSR/CSVプロジェクト
「ブレーンタル」をスタートします。

私たちADKは、創業以来、
お客様の商品やサービスを
人々に知ってもらい売るために、
昼夜知恵を絞り、
人々を動かすためのアイデアを
ずっと考え続けてきました。
そんな中で強く感じていることがあります。
それは、アイデアが人の心を動かし、
世の中を変えられる
無限の可能性を持っていること。

今、世の中は、悩みや課題だらけです。
でも、私たちがこれまで会得してきた
スキルやノウハウを活かすことができれば、
もしかしたら、
少しでも世の中にポジティブな変化を
与えることができるのではないだろうか。
そんな想いから、
「ブレーンタル」は生まれました。

ブレーンタルでは、ご相談頂いた
「課題」や「悩み」に対して、
社員有志の多様なスキルや
知恵(=ブレーン)を無償で貸し出し、
アイデアやソリューションを考える
お手伝いをいたします。
ソリューションなんて
大げさなことでなくても、
一緒にブレストしたり、課題を発見したり。
「世の中を少しでも明るく、
楽しく、面白くしたい!」
そんな想いを持ったADK社員有志が、
あなたと一緒に課題に向き合います。

このプロジェクトが、世の中を、
日本を明るくする一助になることを願い、
ブレーンタルを期間限定でスタートします。

Scroll