みんなでつくる時計 Tick Tack Studio

こども時計ワークショップ

0 0 : 0 0

世界で一番使われている共通の記号
「数字」

世界中のみんなから数字を集めて時計を作っていくアート・プロジェクトです。
「数字」という共通のルールの中で、様々なアイデア、それぞれの個性が光ります。

eyekaを活用した公募では、世界44カ国、279作品が集まり、
優秀作品を時計に組み込んでいます。

世界中のみんなからの投稿やシェア、各地でのワークショップなど様々な展開を予定。
今後、さらに成長していくコンテンツです。

たのしい数字たちと一緒に時を刻んでいきましょう。

ADKこども参観日のワークショップに参加した
49人のこどもたちがつくった多彩な数字が集まって、楽しい時計ができました。



世界中のみんなから数字を集めて時計を作っていくアート・プロジェクト
「Tick Tack Studio」はこちら。

CLOSE

  • 調査・レポート

ADKワカスタによる『ワカスタビジコン』開催決定!


2014年10月17日

若者のチカラをもっと世の中に!
ADKワカスタによる『ワカスタビジコン』開催決定!
-学生300-500名規模のビジネスコンテストの募集開始-

株式会社アサツー ディ・ケイ(本社:東京都港区、代表取締役社長:植野伸一、以下ADK)は、2012年9月に、意識の高い学生メンバーによる若者マーケッター集団「ADK若者スタジオ(以下、ワカスタ)」を設立しました。「若者のことは、若者が一番知っている。俯瞰して若者を分析していても見えてこないことがたくさんある」という視点から、若者自身が若者を分析するマーケティング活動を行い、現代の若者の実像を掴むとともに、メンバー自らが商品開発や企業への提案を行っています。このたび、ワカスタが新たに、学生を対象とした「ワカスタビジコン」を開催いたします。

「ワカスタビジコン」は、若者のチカラをもっと世の中に活かしたいという想いから、学生たちと一緒に企画したマーケティングコンテストです。「若者が若者を動かす」というコンセプトのもと、大学・大学院・短期大学・専門学校の学生からインターネット上で2014年10月17日から参加者を募集。参加者は、2014年12月13日開催の説明会において発表されるテーマに対し、2月12日までに企画書を提出します。このうち中間選考を通過したチームは、ワークショップセミナーに参加してさらに企画に磨きをかけ、3月8日の決勝プレゼンテーションに進むことになります。当コンテストが他のビジネスコンテストと大きく異なるのは、「企業が実際に抱えるリアルな課題を解決する」という点にあり、最優秀チームの企画アイデアは、何らかの形で実現させることになります。
最近の若者には、自分たちにしか分からない“若者インサイト”を非常に多く抱えています。
この「ワカスタビジコン」を通じて、若者の考えたアイデアが、企業が抱える若者攻略の課題解決につながればと思っています。
ワカスタビジコン http://wakasuta.com/bizcon/

本件に関するお問合せは下記までお願いします。
広報室 中島 香 Tel:03-6830-3855
ストラテジック・プランニング本部 藤本 耕平 Tel: 050-3815-7476

PDFはこちら


ニュースリリース一覧

このページのトップへ