みんなでつくる時計 Tick Tack Studio

こども時計ワークショップ

0 0 : 0 0

世界で一番使われている共通の記号
「数字」

世界中のみんなから数字を集めて時計を作っていくアート・プロジェクトです。
「数字」という共通のルールの中で、様々なアイデア、それぞれの個性が光ります。

eyekaを活用した公募では、世界44カ国、279作品が集まり、
優秀作品を時計に組み込んでいます。

世界中のみんなからの投稿やシェア、各地でのワークショップなど様々な展開を予定。
今後、さらに成長していくコンテンツです。

たのしい数字たちと一緒に時を刻んでいきましょう。

ADKこども参観日のワークショップに参加した
49人のこどもたちがつくった多彩な数字が集まって、楽しい時計ができました。



世界中のみんなから数字を集めて時計を作っていくアート・プロジェクト
「Tick Tack Studio」はこちら。

CLOSE

  • IR
  • 事業・サービス
  • 海外
  • 経営・組織

アサツー ディ・ケイ、クールジャパン関連事業に関する体制を強化


平成26年4月4日

株式会社アサツー ディ・ケイ
代表取締役社長 植野 伸一
東証第1部 コード番号:9747

株式会社アサツー ディ・ケイ(本社:東京都中央区、社長:植野 伸一、以下「ADK」)は、クールジャパン関連事業の推進に向け、株式会社海外需要開拓支援機構(「クールジャパン機構」)への出資を行い、国や企業・団体と連携を進めてまいります。

ADKは、その前身である旭通信社が1963年にテレビアニメーションビジネスに着手し、以来、数々の人気テレビアニメの育成と発展に関与してまいりました。また、その間にキャラクター・ビジネスや子供マーケットに関する知見を蓄積し、アジアをはじめとする海外での展開も手掛けるなど、コンテンツビジネスは当社ビジネスの強みのひとつとなっています。

このたびADKは、クールジャパン機構へ出資し、その事業により強力に参画する体制を作ることにより、日本の文化産業・コンテンツの海外における需要の開拓を担うクールジャパン関連分野事業に協力し、特に実績と経験を持つアニメビジネスを中心としたエンタテインメント領域で「クールジャパンコンテンツ」の海外展開を推進し、日本企業の海外需要創出に貢献していく所存です。

 

本件に関するお問い合わせは下記までお願いします。
株式会社アサツー ディ・ケイ広報室 中島 香
TEL:03-3547-2003
e-mail:adkpr@adk.jp

PDFはこちら


ニュースリリース一覧

このページのトップへ