みんなでつくる時計 Tick Tack Studio

こども時計ワークショップ

0 0 : 0 0

世界で一番使われている共通の記号
「数字」

世界中のみんなから数字を集めて時計を作っていくアート・プロジェクトです。
「数字」という共通のルールの中で、様々なアイデア、それぞれの個性が光ります。

eyekaを活用した公募では、世界44カ国、279作品が集まり、
優秀作品を時計に組み込んでいます。

世界中のみんなからの投稿やシェア、各地でのワークショップなど様々な展開を予定。
今後、さらに成長していくコンテンツです。

たのしい数字たちと一緒に時を刻んでいきましょう。

ADKこども参観日のワークショップに参加した
49人のこどもたちがつくった多彩な数字が集まって、楽しい時計ができました。



世界中のみんなから数字を集めて時計を作っていくアート・プロジェクト
「Tick Tack Studio」はこちら。

CLOSE

  • 事業・サービス

日本初 360°動画をTwitter広告用に制作。10月29日より新製品キャンペーンで展開


2018年10月29日

株式会社アサツー ディ・ケイ(本社:東京都港区、代表取締役社長:植野伸一、以下ADK)は、コンシューマー・アクティベーション・カンパニーへの変革を進める中、SNS、デジタル技術を駆使した新しいタイプの広告手法の開発・実施に、ますます注力しております。そのひとつとして、このたび、360°動画を制作し、日本で初めてTwitterで広告キャンペーンを展開いたします。

VR/AR/MRといったxR領域の市場は、5Gの登場により、2020年以降、加速度的に拡大することが予測されており、「360°動画(※)」のマーケティング活用ニーズもさらに高まることが見込まれています。
今回、ADKはユニリーバ「LUX」の新商品発売を記念した360°動画を、ファッション動画マガジン「MINE(マイン)」を運営する3Minute社と制作。その動画をMINE Twitterアカウントから10月29日(月)より配信いたします。スマホを動かす、もしくは指でスワイプすることで、ユーザーは自由に視点を動かし、上下左右360°作りこまれた世界を楽しむことができます。

360度動画イメージ画像

(制作した360動画イメージ)

ライブではなくオリジナルで制作した360°動画をTwitterの動画広告で配信した前例はこれまでありませんでした。しかしこのたび、Twitterのサポートにより、日本で初めて実現することが出来ました。この技術は、広告を見るものから体験するものへと昇華することで、ユーザーが能動的にコンテンツに参加することを促し、商品・キャンペーンへの興味関心を深められるほか、さまざまな分野の商品にも応用が期待できます。

ADKは引き続き、消費者の行動を喚起し、広告主のビジネス成果に貢献する「コンシューマー・アクティベーション・カンパニー」として、様々なデジタルテクノロジーを活用した効果的なソリューションサービスを提供してまいります。

<360°動画はこちらで配信予定です>
■MINE(マイン) Twitter :https://twitter.com/mine_3m

 

 

動画配信施策に関するお問い合わせ
コミュニケーションチャネルプランニング本部 長谷川
TEL. 03-6830-3811 e-mail:kei.hasegawa@adk.jp

報道機関からのお問い合わせ
コーポレート・コミュニケーション室 中島/木村
TEL. 03-6830-3855  e-mail:adkpr@adk.jp

PDFはこちら


ニュースリリース一覧

このページのトップへ