みんなでつくる時計 Tick Tack Studio

こども時計ワークショップ

0 0 : 0 0

世界で一番使われている共通の記号
「数字」

世界中のみんなから数字を集めて時計を作っていくアート・プロジェクトです。
「数字」という共通のルールの中で、様々なアイデア、それぞれの個性が光ります。

eyekaを活用した公募では、世界44カ国、279作品が集まり、
優秀作品を時計に組み込んでいます。

世界中のみんなからの投稿やシェア、各地でのワークショップなど様々な展開を予定。
今後、さらに成長していくコンテンツです。

たのしい数字たちと一緒に時を刻んでいきましょう。

ADKこども参観日のワークショップに参加した
49人のこどもたちがつくった多彩な数字が集まって、楽しい時計ができました。



世界中のみんなから数字を集めて時計を作っていくアート・プロジェクト
「Tick Tack Studio」はこちら。

CLOSE

  • 事業・サービス
  • 経営・組織

株式会社協和企画の異動(株式譲渡)に関するお知らせ


2018年8月24日

株式会社アサツー ディ・ケイ(本社:東京都港区、代表取締役社長:植野伸一、以下ADK)は、このたび、連結子会社である株式会社協和企画(以下、協和企画)の全株式の譲渡に関わる株式譲渡契約をアスクレップ株式会社(以下、「アスクレップ」といいます)との間で締結いたしましたので、下記のとおりお知らせいたします。

1.株式譲渡の理由

協和企画は、1959年(昭和34年)に設立され、医療専門の総合広告会社として、医薬品販売促進関連コンテンツ制作、医師会・学会・研究会等の企画運営等を行うプロモーション事業や、製薬企業および医療関係者への教育コンテンツの制作、サービス提供等を行うエデュケーション事業、院外処方箋データベースのサービス提供等を行うデータソリューション事業など、医療・ヘルスケア領域に特化した事業を展開しています。1984年に株式会社旭通信社(現:ADK)と業務資本提携を結び、2005年にはADKが全株式を取得いたしました。以来、当社では、当社の広告事業とのシナジー効果による互いの業務拡大を図ってまいりましたが、このたび、当社グループにおける今後の経営戦略などを総合的に検討した結果、協和企画が得意とする医療・ヘルスケア分野でアスクレップおよびインテージグループと連携していくことが、協和企画において今後の事業拡大につながると判断いたしました。

2.譲渡対象会社の概要

社名 株式会社協和企画
代表者 代表取締役社長 山田 淳史
所在地 〒105-8320 東京都港区虎ノ門1-10-5
設立年月 1959年3月1日
主な事業内容 医療専門の総合広告会社として、6つの事業(広告媒体取り扱い事業、医師会および各医・薬学会とのタイアップ事業、医薬品販売促進資材制作事業、医薬出版事業、コンベンション事業、ITソリューション事業)を展開
資本金 40百万円
大株主及び持ち株比率 株式会社アサツー ディ・ケイ100%
URL https://www.kk-kyowa.co.jp/index.html

 

3.株式取得相手先の概要

社名 株式会社アスクレップ
代表者 代表取締役社長 矢作友一
所在地 東京都豊島区東池袋3-1-3
設立年月 1992年7月
資本金 100百万円
事業内容 CRO(医薬品開発業務受託機関)事業(医薬品開発支援/製造販売後調査支援/安全性業務支援/システムソリューション)
大株主及び持ち株比率 株式会社インテージホールディングス 100%
URL http://www.asklep.co.jp/

 

4.日程

株式譲渡契約の締結日 2018年8月24日
株式譲渡の期日(予定) 2018年9月28日

 

本件に関するお問い合わせは下記までお願いします。
コーポレート・コミュニケーション室 中島
TEL. 03-6830-3855  
e-mail:adkpr@adk.jp

PDFはこちら


ニュースリリース一覧

このページのトップへ