みんなでつくる時計 Tick Tack Studio

こども時計ワークショップ

0 0 : 0 0

世界で一番使われている共通の記号
「数字」

世界中のみんなから数字を集めて時計を作っていくアート・プロジェクトです。
「数字」という共通のルールの中で、様々なアイデア、それぞれの個性が光ります。

eyekaを活用した公募では、世界44カ国、279作品が集まり、
優秀作品を時計に組み込んでいます。

世界中のみんなからの投稿やシェア、各地でのワークショップなど様々な展開を予定。
今後、さらに成長していくコンテンツです。

たのしい数字たちと一緒に時を刻んでいきましょう。

ADKこども参観日のワークショップに参加した
49人のこどもたちがつくった多彩な数字が集まって、楽しい時計ができました。



世界中のみんなから数字を集めて時計を作っていくアート・プロジェクト
「Tick Tack Studio」はこちら。

CLOSE

  • 事業・サービス

ADKが国内独占マーケティング権を獲得。 日本初上陸のアーバンスポーツフェスティバル 「FISE WORLD SERIES Hiroshima 2018」 大盛況のうちに閉幕


2018年4月18日

株式会社アサツー ディ・ケイ(本社:東京都港区、代表取締役社長:植野 伸一、以下「ADK」)は、このたび、当社が日本国内におけるマーケティング権を獲得したFISE WORLD SERIES Hiroshima 2018 が、2018年4月8日、盛況のうちに閉幕しましたことをご報告申し上げます。

日本初上陸となるアーバン(都市型)スポーツフェスティバル、FISE WORLD SERIES Hiroshima 2018は、2018年4月6日から8日の3日間、旧広島市民球場跡地で開催されました。当大会におきましては、BMXフリースタイルパークやスケートボード、ボルダリング、パルクールなどのアーバンスポーツ7種目が一堂に会し、連日熱戦が繰り広げられました。大会期間中および前日の公開練習を合わせた4日間で延べ86,000人(総来場者数)が来場し、会場に用意された各競技のパークは多くのファンで賑わい、アーバンスポーツの選手の素晴らしいパフォーマンスはもちろんのこと、MCやDJによって盛り上げられるフェスティバルのようなFISEの魅力を体感した会場は熱狂の渦となりました。
また、大会では多くの日本人選手が活躍し、スケートボードストリート男子(プロ)の池田大亮選手、ボルダリング男子の楢崎明智選手などがそれぞれの大会で優勝しました。またBMXパークでは中村輪夢選手も9位に食い込む等、健闘をいたしました。

参考映像:The best of FISE World Series Hiroshima 2018
https://www.youtube.com/watch?v=PuMwqbqmOcY

ADKは、FISE WORLD SERIESの国内における独占マーケティング権を獲得し、今大会の制作および運営をいたしました。今後はFISE WORLD SERIESの国内開催及び、アーバンスポーツと言われる新しいカテゴリのスポーツの新たな楽しみ方や観戦方法の開拓、提案を行うなど、アーバンスポーツの普及に努めてまいります。

【大会概要】
大会名称: FISE WORLD SERIES Hiroshima 2018 ※略称FISE Hiroshima 2018
開催日時: 2018年4月6日(金)~8日(日) 3日間
開催場所: 旧広島市民球場跡地(広島県広島市中区基町5-25)
開催種目: 7種目
BMX Freestyle Park (BMXパーク) ― “UCI BMX Freestyle Park World Cup”
BMX Freestyle Flatland (BMXフラット) ― “UCI BMX Freestyle Flatland World Cup”
Skateboard Street (スケートボードストリート) ― “Skateboard Street”
Parkour (パルクール) ― “FIG Parkour World Cup”
Bouldering (ボルダリング) ― “IFSC Bouldering International Series”
Roller Freestyle (アグレッシブインライン) ― “WS Roller Freestyle Cup”
Breaking (ブレイクダンス) ― “Japan Breaking Championships”
主催: 一般社団法人 日本アーバンスポーツ支援協議会、一般社団法人 アーバンスポーツ大会組織委員会
運営主管: Hurricane(仏)

【FISE(フィセ)とは】
FISE(フィセ)は「エクストリーム・スポーツ国際フェスティバル」を意味するフランス語のFestival International des Extremesを略した名称です。BMX、スケートボード、ボルダリング、3×3 バスケットボール、パルクール、ブレイクダンス、マウンテン・バイク、水上スノーボード、インラインスケートなど、25種目を超えるアーバンスポーツが一同に揃い、アマチュアやプロフェッショナルの男女アスリートが速さや高さなどを競い合う、国際的な都市型スポーツのフェスティバルです。
20年前にフランス南部モンテペリエで、エクストリーム・スポーツに情熱を持つ学生であった創立者・エヴァ・アンドレ-ブノワ(Hervé André-Benoit)によって始められました。年月を経て、国際的にも高い評価を得て、現在、世界最高峰のアクション・スポーツ大会として、確立されています。
各シーズンに、新しい種目も競技に加わっていきます。例えば、ボルタリングとパルクールという新たな2つの種目が加わりました。一般や若者や女性たちがアーバンスポーツに親しめるよき機会であり、友人と家族とともに素晴らしい時間が過ごせるフェスティバルです。
フランス・モンペリエで開催された大会では、5日間の期間中に500,000人以上を動員する、高い集客実績があります。

本件に関するお問い合わせは下記までお願いします。
エンタテインメント&スポーツ事業開発本部 三宅、徳重、小林
Mail: FISE-18_prj@adk.jp Tel:03-6830-3811
コーポレート・コミュニケーション室 平尾、中島 Tel:03-6830-3855

PDFはこちら


ニュースリリース一覧

このページのトップへ