みんなでつくる時計 Tick Tack Studio

こども時計ワークショップ

0 0 : 0 0

世界で一番使われている共通の記号
「数字」

世界中のみんなから数字を集めて時計を作っていくアート・プロジェクトです。
「数字」という共通のルールの中で、様々なアイデア、それぞれの個性が光ります。

eyekaを活用した公募では、世界44カ国、279作品が集まり、
優秀作品を時計に組み込んでいます。

世界中のみんなからの投稿やシェア、各地でのワークショップなど様々な展開を予定。
今後、さらに成長していくコンテンツです。

たのしい数字たちと一緒に時を刻んでいきましょう。

ADKこども参観日のワークショップに参加した
49人のこどもたちがつくった多彩な数字が集まって、楽しい時計ができました。



世界中のみんなから数字を集めて時計を作っていくアート・プロジェクト
「Tick Tack Studio」はこちら。

CLOSE

  • 事業・サービス

「今どき」シニアガイドブック発行のお知らせ ADKシニアプロジェクトチームが注目する「オタクティブシニア」とは? シニアアプローチにも新しいマーケティングソリューションを


2018年1月25日

株式会社アサツーディ・ケイ(本社:東京都港区、代表取締役社長:植野伸一、以下ADK)では、ADKシニアカテゴリーチームを設置し、シニアの意識や動向を読み解く研究および、そのデータを活かしたクライアント企業への提案を行っております。この度、最近のデータから明らかになった今どきシニアをまとめたガイドブックを発行いたしましたのでお知らせいたします。

その人を「シニア」と呼んでいいのか戸惑う新たなシニア像が、ここ数年で顕著に出現しています。ADKシニアカテゴリーチームが昨年9月にリリースしました、シニア攻略マーケティングサポートツール「新シニア11」では、全国の60~79歳のシニア層を、意識と価値観から11のタイプに分類しました。その結果見えてきた、今どきの新しいシニア層が注目されています。特に、男性シニア層には、従来の活発で現役志向が強い「アクティブシニア」とは性質が異なる、流行感度が高く、自分なりのセンスにこだわる、オタク気質を持つ「オタクティブシニア」 (オタク+アクティブ)が出現しました。
「オタクティブシニア」は自分の好きなことにはとことんお金をかけ、デジタルスキルも高く、購買力がある今までになかったシニア層です。ADKでは、今後のシニア市場を大きく変える潜在力を持ったターゲット層として注目しています。

この度、「オタクティブシニア」を中心に、今どきのシニアをご紹介するガイドブックを発行いたしました。
新たなシニア像をイメージしやすいよう、図説や写真を使って分かりやすく解説したものになります。
新しいマーケティングソリューションのヒントとしてお役立ていただけます。

当シニアガイドブックご用命の際は、ADK営業担当までお申し付けください。

「今どき」シニアガイドブック

シニアブック表紙

【主なコンテンツ】

  • 購買力を持つ、新ターゲット出現。  アクティブシニアから、オタクティブシニアへ。
  • 最新の全シニアを11のタイプに・・・新シニア11

【ADKシニアプロジェクトとこんなことやってみませんか?】

  • シニアのニーズを多角度から掘り下げた商品・サービスの開発
  • 今どきのシニアに刺さる!オリジナルコンテンツ開発
  • デジタルテクノロジーでシニアの元気で新しい消費を助ける接点開発

 

本件に関するお問い合わせは下記までお願いします。
株式会社アサツー ディ・ケイ
コーポレート・コミュニケーション室 平尾 由利 中島 香
TEL. 03-6830-3855  e-mail:adkpr@adk.jp
ADKシニア世代プロジェクトチーム
稲葉光亮、中嶌直子、末永幸三、井上卓

PDFはこちら


ニュースリリース一覧

このページのトップへ