みんなでつくる時計 Tick Tack Studio

こども時計ワークショップ

0 0 : 0 0

世界で一番使われている共通の記号
「数字」

世界中のみんなから数字を集めて時計を作っていくアート・プロジェクトです。
「数字」という共通のルールの中で、様々なアイデア、それぞれの個性が光ります。

eyekaを活用した公募では、世界44カ国、279作品が集まり、
優秀作品を時計に組み込んでいます。

世界中のみんなからの投稿やシェア、各地でのワークショップなど様々な展開を予定。
今後、さらに成長していくコンテンツです。

たのしい数字たちと一緒に時を刻んでいきましょう。

ADKこども参観日のワークショップに参加した
49人のこどもたちがつくった多彩な数字が集まって、楽しい時計ができました。



世界中のみんなから数字を集めて時計を作っていくアート・プロジェクト
「Tick Tack Studio」はこちら。

CLOSE

  • 広告賞

当社元代表取締役社長の長沼孝一郎氏が 平成29年春の叙勲において『旭日中綬章』を受章


2017年5月1日
株式会社アサツー ディ・ケイ

平成29年春の叙勲において、当社の元代表取締役社長である長沼孝一郎氏の、『旭日中綬章』受章が決定いたしましたので、お知らせいたします。

旭日章は、社会のさまざまな分野における功績の内容に着目し、顕著な功績を挙げた者に対して授与される、我が国最初の勲章として明治8年に制定されました。
その中で『旭日中綬章』は、「経済社会の発展に対する寄与が特に大きい企業において経営の最高責任者として顕著な功績を挙げたもの」に贈られます。

長沼氏は、当社の代表取締役社長として約8年半にわたり、業績回復・業容拡大、経営の近代化や国際化など、会社業績の拡大に尽力いたしました。また、平成20年に社団法人 (現、一般社団法人)日本広告業協会の副理事長として就任以降、運営委員会委員長や財務委員会委員長として、同協会運営を通じて広告業界の発展に尽くした功績が評価されての受章となりました。

平成29年春の叙勲伝達式は、5月11日にザ・プリンスパークタワー東京「ボールルーム」において挙行され、その後、皇居宮殿で天皇陛下に拝謁予定となっております。

 

〔受章者の略歴〕
長沼 孝一郎(ながぬま こういちろう)
昭和20年1月4日生

昭和56年8月 株式会社 旭通信社 入社
平成10年3月 同社 国際担当取締役
11年1月 (旭通信社は第一企画株式会社と合併し、株式会社アサツー ディ・ケイに社名変更)
株式会社アサツー ディ・ケイ 取締役
12年3月  同社  常務取締役
13年9月  同社  代表取締役社長
22年3月  同社  代表取締役会長
24年3月  同社  代表取締役 取締役会議長
27年3月  同社  最高顧問
28年3月  同社  最高顧問退任

ADK_長沼孝一郎

【本件に関するお問い合わせ】
コーポレート・コミュニケーション室長 中島 香
 電話 03-6830-3855

PDFはこちら


ニュースリリース一覧

このページのトップへ