みんなでつくる時計 Tick Tack Studio

こども時計ワークショップ

0 0 : 0 0

世界で一番使われている共通の記号
「数字」

世界中のみんなから数字を集めて時計を作っていくアート・プロジェクトです。
「数字」という共通のルールの中で、様々なアイデア、それぞれの個性が光ります。

eyekaを活用した公募では、世界44カ国、279作品が集まり、
優秀作品を時計に組み込んでいます。

世界中のみんなからの投稿やシェア、各地でのワークショップなど様々な展開を予定。
今後、さらに成長していくコンテンツです。

たのしい数字たちと一緒に時を刻んでいきましょう。

ADKこども参観日のワークショップに参加した
49人のこどもたちがつくった多彩な数字が集まって、楽しい時計ができました。



世界中のみんなから数字を集めて時計を作っていくアート・プロジェクト
「Tick Tack Studio」はこちら。

CLOSE

  • IR
  • 事業・サービス
  • 経営・組織

ADKがワン・トゥー・テン・イマジンの株式を取得 先進テクノロジーによる「体験デザイン」提案・実行力を強化


2017年3月27日
株式会社アサツー ディ・ケイ

株式会社アサツー ディ・ケイ(本社:東京都港区、社長:植野 伸一、以下「ADK」)は、株式会社ワン・トゥー・テン・イマジン(本社:京都市、代表取締役社長:澤邊芳明、以下「1→10imagine」)が第三者割当増資により発行する株式の引き受けを行ないました。4月より本格的に協業を開始し、先進テクノロジーによる「体験デザイン」の提案力・実行力を強化してまいります。

ADKは、消費者を動かしクライアントのビジネス成果に貢献するコンシューマー・アクティベーション・カンパニーとして、従来の広告領域に留まらず、多様なサービスの開発を進めています。
また、近来は、先進のデジタルテクノロジーを活用して生活者とブランドの接点を創出する「体験デザイン」が強く求められており、当社も提案力・実行力の強化とともに、事業リソースの拡充を積極的に推進しております。VR(仮想現実)やAR(拡張現実)といった新たな映像技術市場は成長領域であり、スポーツ、ファッション、エンタテインメント、不動産、旅行、医療、福祉、教育など様々な分野での活用が期待されています。当社が推進するコンシューマー・アクティベーション・ビジネスにおいても、新たなブランド体験手法としてますます重要となってきています。

1→10imagine は株式会社ワン・トゥー・テン・ホールディングス(本社:京都市、代表取締役社長: 澤邊芳明、以下「 1→10HOLDINGS」)の100%子会社であり、VR 、AR 、MR (複合現実)をはじめ、プロジェクションマッピングやCGホログラム、ドローン、各種センサーなど、デジタルテクノロジーを駆使した新たなビジネス創造、空間クリエイティブ事業を行なっています。
このたび、ADKは、1→10imagineが第三者割当増資により発行する株式の引き受けを行ないました。これにより、当社は1→10imagineの発行済株式の49%を保有することになります。また、当社から取締役2名(常勤1名、非常勤1名)が就任し、より緊密な協力・連携をはかってまいります。

ADKとワン・トゥー・テン・グループは、2014年にADKとワン・トゥー・テン・デザイン(以下「1→10design」)の共同プロジェクト「ノイマン」を立ち上げるなど、協力してコミュニケーション・アイデアを開発してまいりました。同プロジェクトが企画制作いたしましたトヨタ自動車のTOYOTA BARISTAは、スパイクスアジア2016において、シルバーとブロンズを獲得しております。今後はより協力体制を深め、当社の強みであるコンテンツ事業やプロモーション事業とワン・トゥー・テン・グループの先進的な取組みを融し、 ブランドのプロモーション、イベント空間・商業施設やエンタテインメント施設・公共空間などに、革新的な体験デザインとサービスを提供してまいります。

なお、本件を通じて、ADKグループのデジタルテクノロジー領域におけるプレゼンス向上等により、中長期的な業績への貢献が期待されますが、今期における連結業績への影響は軽微です。

■第三者割当増資の概要
(1)発行株式数  2,679株
(2)割当先および割当株式数
株式会社アサツー ディ・ケイ 1,803株
株式会社ワン・トゥー・テン・ホールディングス 876株

■ワン・トゥー・テン・グループについて
1997 年にクリエイティブスタジオ1→10designを創業。現在は、1→10HOLDINGSのもとに9つの事業会社を持つグループを形成している。
京都・東京・シンガポール・上海を拠点とし、広告クリエイティブ事業、ロボット/AI 事業、IoT/商品プロトタイプ事業、空間演出/エンターテイメント事業などを展開している。 タグラインは、“IGNITE EVERYONE,UPDATE EVERYTHING”。クリエイティブと革新的技術で人々の心に火をつけ、あらゆることをアップデートする体験を提供する。主な実績は、ソフトバンク社が誇る、世界初の感情認識パーソナルロボット「Pepper」の人工知能・感情認識と連携した会話エンジンの開発や、バーチャル・リアリティー・ゲームの世界観を再現した「ソードアート・オンラインザ・ビギニングSponsored by IBM」など。これまでにグループ全体で、カンヌ国際広告祭を含む国内外の広告賞・デザイン賞を 150 以上受賞している。 http://www.1-10.com/

■株式会社ワン・トゥー・テン・イマジンについて
社名:株式会社ワン・トゥー・テン・イマジン (英語表記:1-10imagine, Inc.)
所在地:京都本社:京都市下京区烏丸通四条下ル水銀屋町620番地 COCON烏丸 4階
東京オフィス:東京都品川区東品川二丁目2番4号 天王洲スフィアタワー天王洲7階
代表者:代表取締役社長 澤邊芳明
設立日:平成 28年 10 月
資本金:125百万円(増資後)
事業内容: VR/AR/MRなどデジタルテクノロジーを駆使したエンタテインメント施設開発、常設型コンテンツ、事業開発など

本件に関するお問い合わせは下記までお願いします
コーポレート・コミュニケーション室 中島 香
TEL. 03-6830-3855

PDFはこちら


ニュースリリース一覧

このページのトップへ