みんなでつくる時計 Tick Tack Studio

こども時計ワークショップ

0 0 : 0 0

世界で一番使われている共通の記号
「数字」

世界中のみんなから数字を集めて時計を作っていくアート・プロジェクトです。
「数字」という共通のルールの中で、様々なアイデア、それぞれの個性が光ります。

eyekaを活用した公募では、世界44カ国、279作品が集まり、
優秀作品を時計に組み込んでいます。

世界中のみんなからの投稿やシェア、各地でのワークショップなど様々な展開を予定。
今後、さらに成長していくコンテンツです。

たのしい数字たちと一緒に時を刻んでいきましょう。

ADKこども参観日のワークショップに参加した
49人のこどもたちがつくった多彩な数字が集まって、楽しい時計ができました。



世界中のみんなから数字を集めて時計を作っていくアート・プロジェクト
「Tick Tack Studio」はこちら。

CLOSE

  • 広告賞

Japan YouTube Ads Leaderboard 2016年下半期において、 ADK企画・制作「ラックス ストレート&ビューティー まっすぐ生きる」篇が ランキング1位を獲得


2016年12月22日
株式会社アサツー ディ・ケイ

株式会社アサツー ディ・ケイ(本社:東京都港区代表取締役社長:植野伸一以下ADK)は、この度、企画・制作を担当いたしました「ラックス ストレート&ビューティー まっすぐ生きる」篇(ユニリーバ・ジャパン)の60秒動画広告が、YouTube上で2016年下半期最も話題となった動画広告を選出する「Japan YouTube Ads Leaderboard 2016年下半期」*において、ランキング1位を獲得しましたことをご報告いたします。

「ラックス ストレート&ビューティー まっすぐ生きる」篇は、ユニリーバ社の新商品「ラックススーパーリッチシャイン ストレート&ビューティー」の発売にあわせて放映され、ストレートヘアを手に入れ、「まっすぐな髪と生き方で、あなたはもっと輝ける」というメッセージが込められた動画広告です。

製品のターゲットである20代女性のみならず、世界的にも認知度の高い初音ミクさん**がお馴染みのツインテールをほどき、新しい一歩を踏み出して前向きに生きる姿で動画広告のメッセージと製品特性を紹介しています。TVCMで全く同じCMに出演する、LUXアンバサダーでハリウッド女優のスカーレット・ヨハンソンさんと初音ミクさんの競演も楽しむことができます。

■スカーレット・ヨハンソンさん出演CMを初音ミクさんが完全再現

%e5%9b%b32

■スカーレット・ヨハンソンさんからの激励のラブコールが。

lux2

<動画URL>
https://www.youtube.com/watch?v=2U9pxDoOqh0

<スタッフリスト>
Producer: 齊藤浩明・斎藤大輔・竹島唯
ECD: 吉松香奈子
CD /Planner: 右川明子
PR: 荒井和子
デジタルメディア: 見田修一・酒井亮・島田元基
CW: 西畑貴子(ADKアーツ)
PM: 櫛引清(ADKアーツ)
制作会社:ディフューズ・エンタテイメント
音楽プロダクション: ビクターミュージックアーツ
CGモデル管理: セガホールディングス
初音ミク版権管理: クリプトン・フューチャー・メディア
企画協力: JWTジャパン

*Japan YouTube Ads Leaderboard 2016 年 下半期は、YouTube Japanにおいて集計期間 2016 年 7 月 1 日から 2016 年 12 月 6 日に投稿された動画の中から、国内における動画の人気(自然に発生した再生回数)とプロモーション(広告から発生した再生回数)を考慮して選出するものです。ただし、多くの視聴回数を獲得している動画でも、海外を含む YouTube 動画広告出稿の有無、自然動画視聴の比率など、複数の要素によってリストに入らないこともあります。なお、動画の再生回数は 2016 年 12 月 6 日時点の数値で算出しています。

**「初音ミク」とは
http://piapro.net
クリプトン・フューチャー・メディア株式会社が開発した、歌詞とメロディーを入力して誰でも歌を歌わせることができる「ソフトウェア」です。大勢のクリエイターが「初音ミク」で音楽を作り、インターネット上に投稿したことで一躍ムーブメントとなりました。「キャラクター」としても注目を集め、今ではバーチャル・シンガーとしてグッズ展開やライブを行うなど多方面で活躍するようになり、人気は世界に拡がっています。

 

本件に関するお問い合わせは下記までお願いします
コーポレート・コミュニケーション室 平尾由利
TEL. 03-6830-3855

PDFはこちら


ニュースリリース一覧

このページのトップへ