みんなでつくる時計 Tick Tack Studio

こども時計ワークショップ

0 0 : 0 0

世界で一番使われている共通の記号
「数字」

世界中のみんなから数字を集めて時計を作っていくアート・プロジェクトです。
「数字」という共通のルールの中で、様々なアイデア、それぞれの個性が光ります。

eyekaを活用した公募では、世界44カ国、279作品が集まり、
優秀作品を時計に組み込んでいます。

世界中のみんなからの投稿やシェア、各地でのワークショップなど様々な展開を予定。
今後、さらに成長していくコンテンツです。

たのしい数字たちと一緒に時を刻んでいきましょう。

ADKこども参観日のワークショップに参加した
49人のこどもたちがつくった多彩な数字が集まって、楽しい時計ができました。



世界中のみんなから数字を集めて時計を作っていくアート・プロジェクト
「Tick Tack Studio」はこちら。

CLOSE

  • IR
  • 事業・サービス
  • 経営・組織

ADKが動画マーケティング領域で最適なソリューションを提供 グローバルなネットワークSticki(スティッキ) 始動


2015年6月11日

株式会社アサツー ディ・ケイ
代表取締役社長 植野 伸一
(東証第一部 コード番号:9747)
問い合わせ先:コーポレート・コミュニケーション局長 中島 香
Tel 03(6830)3855

ADKが動画マーケティング領域で最適なソリューションを提供
グローバルなネットワークSticki(スティッキ) 始動

株式会社アサツー ディ・ケイ(本社:東京都港区、代表取締役社長:植野 伸一、以下「ADK」)は、消費者と企業を結ぶ接点として近年ますます重要となっている「動画マーケティング」領域において、グローバルなネットワークを構築し、クラウドソーシングを活用したインサイト抽出やクリエイティブ制作・拡散支援など包括的なソリューションを提供する体制を整えました。

YouTubeやFacebookなどのプラットフォームなどを通じたネット上の情報発信・拡散がもはや消費者の日常の一部となっている現在、企業にとって、ハイクオリティな動画は、コミュニケーション戦略上欠かせない情報発信手段となっています。一方で、クラウドソーシング(注)を活用して目の肥えた視聴者の心を掴むためには、参加するクリエイターの質を高めることが重要です。また、効果を上げるためには、単なるキャンペーンで終わらせるのではなく、効果の検証を通じて、継続的なマーケティングに昇華させていかなくてはなりません。

ADKでは、このような課題をワンストップで解決し、効果的な動画マーケティングを実施するために、世界でも屈指の動画制作・マーケティング会社がグローバル規模で参加するネットワーク「Sticki」を始動いたしました。ネットワークの名称「Sticki」は、「接着剤」という意味を持っています。世界有数の動画・マーケティングソリューションを集結(接着)し、ビデオ制作・シェア予測・配信運用など、クライアントのあらゆるニーズに対応することができます。

「Sticki」への参加が決定した第一社目は、日本においてトップレベルの動画マーケティングノウハウを持つナカミノ株式会社(本社:東京港区、代表取締役社長 塩見則明)です。同社は、検索行動によるセグメント化やインサイト抽出、動画制作、検索クエリによるアフィニティー判別からのオンライン調査、プラットフォーム運営という一連の最適化PDCAを実施できる体制を整えており、すでに多くの実績を持っています。
今後、「Sticki」には、国内外の有力企業が多数参加を予定しており、ネットワークをさらに拡大させ、最適なソリューションを提供してまいります。

(注)クラウドソーシングについて
企業等がインターネット上のオープンプラットフォームを用いて不特定多数の人々から知恵や知見に裏付けされたアイデアを募り、その中からニーズに合致したものを何らかの報酬を提供して取得、ビジネスに活用していく仕組み。近年、広告などクリエイティブな分野でも、企業と消費者の共創(コ・クリエーション)の場として注目されている。

Sticki ロゴ

図

ナカミノ株式会社 概要
代表者: 代表取締役社長 塩見則明
本社所在地: 東京都港区
設立: 2011年8月
事業内容: インターネット動画の制作・マーケティング会社。動画コンテンツのマーケティングから、ニーズに対応したコンテンツ制作、運用まで一貫したサービスを提供する。テクノロジー×クリエイティブ×解析によるPDCAサイクルの展開に強みを有している。
主要株主: 株式会社AOI Pro. 株式会社アマネク

問合せ先
コーポレート・コミュニケーション局長 中島 香
Tel 03(6830)3855

PDFはこちら


ニュースリリース一覧

このページのトップへ