みんなでつくる時計 Tick Tack Studio

こども時計ワークショップ

0 0 : 0 0

世界で一番使われている共通の記号
「数字」

世界中のみんなから数字を集めて時計を作っていくアート・プロジェクトです。
「数字」という共通のルールの中で、様々なアイデア、それぞれの個性が光ります。

eyekaを活用した公募では、世界44カ国、279作品が集まり、
優秀作品を時計に組み込んでいます。

世界中のみんなからの投稿やシェア、各地でのワークショップなど様々な展開を予定。
今後、さらに成長していくコンテンツです。

たのしい数字たちと一緒に時を刻んでいきましょう。

ADKこども参観日のワークショップに参加した
49人のこどもたちがつくった多彩な数字が集まって、楽しい時計ができました。



世界中のみんなから数字を集めて時計を作っていくアート・プロジェクト
「Tick Tack Studio」はこちら。

CLOSE

  • 調査・レポート

ADK若者プロジェクトの知見が詰まった一冊『つくし世代「新しい若者」の価値観を読む』が、光文社新書から3/17発売!


平成27年3月17日
株式会社アサツー ディ・ケイ

今の若者って?「ゆとり」「さとり」の次まで分かる
『つくし世代 「新しい若者」の価値観を読む』が、
光文社新書から3/17発売!
-ADK若者プロジェクトの知見が詰まった一冊-

 

株式会社 アサツー ディ・ケイ(本社:東京都港区、代表取締役社長:植野伸一、以下ADK)では、ストラテジック・プランニング本部内に「ADK若者プロジェクト」を設置し、現役大学生によるマーケティング集団「若者スタジオ(略称ワカスタ)」を運営するなど、現代の若者の意識や動向を読み解く研究および、そのデータを活かしたクライアント企業への提案を行っております。同プロジェクトリーダー藤本耕平の著書、『つくし世代 「新しい若者」の価値観を読む』が2015年3月17日(火)より、光文社新書から発売されますのでお知らせいたします。

著書『つくし世代 「新しい若者」の価値観を読む』について

「ゆとり」「さとり」という言葉でひとくくりにされがちな今時の若者たち。しかし、彼らがつくる流行や文化を整理し、また、行動や消費の傾向をひもといていくと、そうした言葉のイメージには必ずしも当てはまらない、≪新しいマインド≫が芽生えつつあることが分かってきます。
そのキーワードは「つくし」。
欲がない、消費しない、と言われる彼らですが、仲間とのつながりを大切にし、「みんなで楽しみたい、みんなで喜びたい」「自分一人ではなく、誰かのために」ということに関しては、他の世代にはない貪欲さを持っているのではないでしょうか。

このような視点から、若者をもっと理解していただくために、若者の心を動かす方法を知るきっかけをつかんでいただくために、若者プロジェクトのこれまでの知見を1冊の本に詰め込んでいます。

マーケッターの方だけでなく、人事担当者や、若者のことを知りたいすべての方に楽しめる魅力的かつ実践的なコンテンツとなっておりますので、ぜひご覧いただければと思います。
図1

■本書概要
【タイトル】 つくし世代 「新しい若者」の価値観を読む
【発売日】  2015 年3 月17 日
【判型】   新書判
【ページ数】 240 ページ
【定価】   842 円(本体価格 780 円)
問い合わせ先:株式会社光文社 新書編集部
〒112-8011 東京都文京区音羽1-16-6  TEL:03(5395)8289

■著者紹介

図2

本件に関するお問合せは下記までお願いします。
コーポレート・コミュニケーション局 中島 香 Tel:03-6830-3855
ストラテジック・プランニング本部 藤本 耕平 Tel: 050-3815-7476

PDFはこちら


ニュースリリース一覧

このページのトップへ